観梅時期はみなべ町へ

 「一目100万、香り十里」で知られる、みなべ町晩稲の南部梅林が27日に開園した。いまのところ花は少なく、つぼみの状態だが、もうすぐ白い花が咲き誇りそう。予想では「開花始期(2分咲き)が2月上旬、満開(8分咲き)が同月中旬以降」となっている。ことしは岩代大梅林が改植のため休園となったが、同町では観梅シーズンに毎年県内外から約4万人が訪れてにぎわう。
 運営する梅の里観梅協会では、期間中の土日曜日や祝日には多彩なイベントでもてなし。同町東本庄出身のシンガーソングライター川島ケイジさんのミニコンサート(10日)、梅料理キャンペーン(11日)、梅酒コレクション(同)などバラエティ豊かな催しが行われる。加えて、駐車場から入場ゲートへと続くみかへり坂沿いで土産物が販売され、梅干し、梅酒、芋餅などの特産品が並ぶ。個人も倉庫などを利用し、新鮮な野菜、漬け物などを販売する。観梅のほかに土産物を見て回るのも楽しみの一つだ。
 梅の花が咲く2月は、みなべ町では観光の書き入れ時。梅林以外でもさまざまな催しが行われる。12日には保健福祉センター周辺で高校生の梅料理コンテスト「UME―1グルメ甲子園」や最高賞金の30万円を用意した「梅の種とばし大会」が開催。16・17日には全国梅サミット、25日には清川球場周辺で梅まつりもあり、子どもからお年寄りまでが楽しめる。
 2月は外出をためってしまいそうな寒い日もあるが、事前に興味のあるイベントを見つけておき、家族でそろってのんびりと一日を楽しんでみるのはいかがだろう。イベント会場のそばできれいに咲き誇る梅の花が、ほっこりと心を温めてくれるだろう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 密漁も不法投棄もせんといてな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  2. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  3. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  4. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  5. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る