運転免許の自主返納増加

 2017年の1年間に御坊署管内で運転免許を返納した人が前年の約1・4倍に当たる236人に上り、過去最多を更新した。運転免許の自主返納は全国的にも年々増加。ほとんどが65歳以上の高齢者で、高齢ドライバーによる交通事故への関心の高まりや認知機能検査を強化した改正道路交通法、啓発による返納制度の周知で自主的に返納する人が増えたとみられている。
 御坊署によると、返納者は前年と比べて69人増加。県内全体でも556人増え、3122人で過去最多となった。返納の理由については「運転の自信がなくなった」が多く、このほか「家族からの勧め」という声が聞かれるという。
 昨年に御坊署管内で発生した人身事故は110件(前年比62件減)で、傷者134人(72人減)、死者4人(3人増)。このうち65歳以上の高齢ドライバーが関係する事故は45件で12件減少したが、全体に占める割合は約33%から約40%へ高くなり、運転操作ミスによる転落、駐車場内でのアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が発生している。死者4人はいずれも60歳以上。うち3人は運転中の単独事故だった。御坊署では相次ぐ高齢ドライバーによる重大事故の発生も、自主返納を促すきっかけの一つになっているとみている。
 昨年3月に施行された改正道交法は、75歳以上のドライバーが信号無視や逆走といった交通違反をした場合の臨時認知機能検査を義務付け。一方、警察では高齢者の免許の返納を促すため、2002年から希望すれば運転経歴証明書を交付している。昨年1年間の証明書交付申請者数は御坊署管内で167人(前年比38人増)、県内全体では2589人(386人増)。運転経歴証明書は身分証明書として使えるほか、御坊署管内では日高川、由良、印南町でコミュニティバスの利用料割引等という特典がある。御坊署交通課は「高齢ドライバーの重大事故も発生しています。運転に自信がなくなったり、ご家族が心配されておられるようでしたら、真剣に返納を検討していただきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る