認知症支援はまず知ること

 日本の高齢化率は間もなく30%に達し、近い将来は4人に1人が認知症といわれる時代がやってくる。誰もが避けては通れない道であろう。4人に1人となると、自分、パートナー、両親、割合ではこの中の誰かがなるのだから、やはり他人事ではない。だからといって若いうちから予防のために何かをするということも難しかろう。しかし、いまのうちからやれることはある。認知症とはどういう病気で、どのような症状があり、支援に必要なことは何か、まずは知ることである。
 認知症支援施策では全国先進地であり、NHK厚生文化事業団の認知症にやさしいまち大賞を受賞した御坊市を取材していると、一般住民としてどうかかわるべきなのか、勉強になる。いまの支援のあり方としていわれているのが、認知症本人の声に耳を傾け、その人のやりたいことを形にするサポートをすることだ。声に耳を傾けるのは介護専門員や行政職員の役割が最も大きい。われわれ一般住民は、介護専門員らの協力依頼に快く応じ、本人がやりたいことを実現させるサポートをすることだろう。
 先日、御坊市の認知症対応型デイサービスあがら花まるで、利用者の男性たちが「餅まきをやりたい」という声を実際に形にした。呼びかけに応じて餅を拾いに来た住民は皆、声を形にするサポートをしたということだ。認知症の人を支えるというと難しいように思うが、参加するだけで立派なサポーターになれるケースはたくさんある。だからこそ、介護施設、行政、地域住民の日ごろからのつながりが大事なのだ。各施設は住民との顔の見える関係づくりに力を入れている。住民も現状を知り、関心を持つことから始めよう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る