日高町のクエ鍋に期待

 日本最大級の鍋料理コンテスト「ニッポン全国鍋グランプリ2018」は、27・28日に埼玉県和光市で行われ、和歌山県からは唯一、日高町の天然クエ鍋が参戦する。
 同町の天然クエ鍋は、おととし1月の第12回鍋グランプリ以来、2年ぶり2度目の出場。この時は2日間で1000食分を販売したが、順番待ちの長蛇の列ができてあっという間に売り切れ。見事、銅の鍋賞(3位)に輝いた。上位3位が対象となる「J―ブランド鍋」にも認定され、2020年のグランドチャンピオン大会への出場権も獲得した。また、鍋グランプリに参戦したことで、同町の天然クエ鍋が関東はじめ全国にPRできた。おかげで全国ネットのテレビ出演依頼があったり、大手食品業者から大量仕入れの話も舞い込んだ。
 それにしても、なぜクエがそれほどまでに人気となったのか。実は関東方面でも以前からクエ鍋の店があり、クエの名はある程度浸透しているらしいが、1人前の鍋だけで価格が1万5000円程度とかなり高級。まさに普段食べられない〝幻の高級魚〟が、鍋グランプリでは1杯500円で食べられるとあって、話題を呼んだ。しかも安いだけでなく、おいしいのである。そんなクエ鍋が2年間の充電期間を経て、再び参戦。前回のイベントで一層知名度がアップしており、今回はさらに人気が出ると予想。前回の2倍の2000食分を用意するため、グランプリや準グランプリも十分狙える。
 イベントに向けての準備や当日の調理などスタッフは大変だが、ぜひまた関東で一花咲かせ、2年後のグランドチャンピオン大会に大きな弾みをつけてもらいたい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 光りの向きはこっちやから…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る