田辺で有間皇子のミュージカル

 海南・万葉の会主催、ミュージカル「有間皇子」は21日、田辺市新屋敷町の紀南文化会館で開催。劇団たなべ座の創立公演で、海南市の劇団KCMなどが協力。主演はKCMの俳優正木吉紀さん(田辺市龍神村)が務め、りりしく優しい有間皇子を好演した。
 斉明天皇の世、中大兄皇子が絶大な権力を持っていた。先の天皇の息子、有間皇子の皇位継承を望む声もあり、中大兄は有間を陥れようとたくらむ。それを察知した有間は、中大兄の警戒心を解こうと心の病にかかったふりをし、牟婁の湯(白浜温泉)へ湯治に出かける。都へ戻って斉明天皇にも湯治を勧め、中大兄らも共に南紀へ出かけると、蘇我赤兄が訪ねてきて天皇らが留守の間に兵を挙げるよう熱心に有間をそそのかす。赤兄も中大兄に親族を殺されたという過去があることから、有間はつい心を許し、話に応じる。その後「謀反の疑いあり」として捕らわれた有間は、白浜の中大兄らのもとに護送されて裁判にかけられる。さらに都へ送り返される途中、岩代で「岩代の浜松が枝を引き結び真幸(まさき)くあらばまた帰りみむ」など万葉集に残っている2首を詠む。海南の藤白坂で休みながら忠実につき従ってくれた家臣2人にねぎらいと感謝の言葉をかけ、直後に中大兄の命を受けた者によって絞首刑となるのだった。その後、天智天皇となった中大兄は、大陸での戦「白村江の戦い」で大敗。有間の亡霊が現れて、「民を救って下さい」と訴える声に心を動かされ、兵を退く決心をするのだった。
 民のため平和を願い、最後には中大兄の幸福をすら祈るという有間皇子の優しさを表現した劇に、大きな拍手が送られた。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る