難しい子どもの教育

 もうすぐ4歳になる長女の幼稚園でカルタ大会があった。正月休みごろから家にもカルタを持ってきて練習していたのだが、このときの大人の対応がなかなか難しい。わざと負けてあげながら一緒に楽しむのか、少し強めに大人の力を見せ付けて向上心を育てるべきなのか。おそらく、絶対にこうだという正解はないから、子どもの教育は悩ましい。
 運動会前も同じような経験をした。父親の血を受け継いだのか、娘も走るのが速くない。自分のように苦手意識が染み付いて走るのが嫌いになってほしくはないので、煙樹海岸多目的広場へ練習に行った。いくら走るのが遅くても娘よりは当然速い。娘には少し前を走らせてやるべきか、それとも後ろをついてこさせるべきか。抜いたり抜かせたり、ちょうどいい加減を探しつつ、少しでも走るのが楽しいと感じてもらえるように一緒に芝生の上を駆け回った。その成果が出たのか、本番では最下位でも笑顔いっぱいに走ってくれたので親としてうれしかった。
 明石家さんまさんは子どもと遊ぶ際、「打てるようなボールを投げて打たせるのもそうだが、全力で速いボールを投げて打たせないのも優しさ」と言っていた。なるほどと、子どもへの愛情論に感心したのを思い出した。厳しさを感じさせるのも、楽しさを体験してもらうのも、どちらも必要で双方に意味がある。
 父親似か、しゃべりは達者な娘。妻は「(屁理屈をいうのは)あなたの真似」という。似てほしいところは似ず、似てほしくないところが似るなど子育ては難しい。とにかくカルタやかけっこを通してでも、親の、それに周囲の人から注がれる愛情ぐらいは感じ取れるよう成長していってもらいたいものだ。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る