全国バレエグラチャン大会 シュウスタジオの4人入賞

 バレエのコンクール、ジャパン・バレエ・コンペティション・グランドチャンピオンシップスが神戸文化ホールで行われ、御坊市薗のシュウバレエスタジオ(小前大介代表)から冨田好花さん(内原小5年)が2位に入賞。西岡真麻さん(白浜第一小4年)が10位、竹田真優さん(湯浅小6年)と森山栞奈さん(御坊中3年)が奨励賞を受賞した。竹田さんは審査員特別賞も受賞し、ボリショイバレエ学校への留学権を得た。
 昨年4月に全国各地で行われたジャパン・バレエ・コンペティションの上位入賞者が集結して競い合う、精鋭ぞろいのコンクール。2位という好成績を収めた冨田さんは、「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」の主人公リーズを踊った。「悔いの残るところはあったけれど、あとは納得のいく踊りができました。2位に入賞できるとは思っていなかったので、結果発表を聞いてびっくりしました。とてもうれしいです」と喜んでいる。
 10位の西岡さんは「タリスマン」からニリチのバリエーションを踊り、「ニリチは女神様なので表現するのが難しかったのですが、私らしいニリチをと思って踊りました」と笑顔。奨励賞の森山さんは「コッペリア」の主人公スワニルダで、「練習してきたことが少ししか発揮できずくやしい思いをしましたが、結果をしっかり受け止めて次に進みたいと思います」、審査員特別賞を受賞した竹田さんは「パリの炎」のジャンヌで、「同じ年代でもとても上手な人がたくさんいて、勉強になりました。初めて留学権を得られてうれしいです。これからも一回一回のレッスンを大切に頑張りたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る