御坊市のファミサポセンターが人気

 御坊市の子育て支援の目玉事業として昨年10月にオープンしたファミリーサポートセンター「そらまめサポート」が好評だ。利用件数は昨年12月分が前月のほぼ5倍となる60件を超え、利用会員も51人に到達。周辺町民の登録者も徐々に増えており、広域の子育てサポート拠点として定着しつつある。子どもの一時預かり、保育所への送迎等の依頼が多く、突然の病気などさまざまなニーズにほぼ24時間対応できる柔軟性が喜ばれているようだ。
 御坊小学校北校舎1階に10月10日に事務所をオープン。スタート時は13人だった利用会員は51人(うちスタッフ会員と両方登録9人)に増えており、開所から3カ月、順調な滑り出しとなっている。スタッフ会員は39人で、合わせると90人が登録。本年度中の目標の100人に近づいている。
 利用会員の登録者が増えるにつれ、実際にスタッフ会員が利用会員の子どもを預かるなどの利用件数も増えてきた。オープンしたばかりの10月は5件、11月は13件にとどまっていたが、着実に浸透してきた12月は63件と前月比約5倍に増加。今月に入っても利用、利用に向けた事前打ち合わせが続々と入っており、今後ますます増えていきそうだ。
 12月の依頼の内容をみると、保育施設への送迎20件、未就園児の一時預かり19件と、この2つで全体の7割近くを占めている。「受診後の病児の預かり、病院への送迎」などのケースも増えてきたほか、「2人目の出産時、上の子の一時預かり」など昼夜を問わない突発的なニーズにも対応できるところが人気の理由となっている。
 週2回、夕方にスタッフ会員に来てもらって食事介助など子育てをサポートしてもらっているという30代女性からは、「夫が仕事で帰りが遅くなることもあるので、大人が一緒にいてくれるのは心強く、すごく助かっています」との声が聞かれた。
 そらまめサポートでは、利用会員を随時受け付け中。入会無料で、利用するには希望の内容に添ったスタッフ会員と、子ども同席の上で顔合わせを行う事前打ち合わせが必要。サポートが必要なときは事務所か、直接スタッフ会員に申し出る仕組み。基本的に依頼者か、スタッフ会員の自宅で子どもを預かる。基本預かりは24時間対応で、利用料金は600~1000円。時間帯や内容によって料金は変動する。
 そらまめサポートでは「利用者からは大変好評をいただいております。実際に利用する予定がなくても、突発的なときのためのお守りとして、ぜひ会員登録しておいてください」と呼びかけている。その他のサービス、料金などの問い合わせは事務所℡0738-20-9012。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る