御坊市のファミサポセンターが人気

 御坊市の子育て支援の目玉事業として昨年10月にオープンしたファミリーサポートセンター「そらまめサポート」が好評だ。利用件数は昨年12月分が前月のほぼ5倍となる60件を超え、利用会員も51人に到達。周辺町民の登録者も徐々に増えており、広域の子育てサポート拠点として定着しつつある。子どもの一時預かり、保育所への送迎等の依頼が多く、突然の病気などさまざまなニーズにほぼ24時間対応できる柔軟性が喜ばれているようだ。
 御坊小学校北校舎1階に10月10日に事務所をオープン。スタート時は13人だった利用会員は51人(うちスタッフ会員と両方登録9人)に増えており、開所から3カ月、順調な滑り出しとなっている。スタッフ会員は39人で、合わせると90人が登録。本年度中の目標の100人に近づいている。
 利用会員の登録者が増えるにつれ、実際にスタッフ会員が利用会員の子どもを預かるなどの利用件数も増えてきた。オープンしたばかりの10月は5件、11月は13件にとどまっていたが、着実に浸透してきた12月は63件と前月比約5倍に増加。今月に入っても利用、利用に向けた事前打ち合わせが続々と入っており、今後ますます増えていきそうだ。
 12月の依頼の内容をみると、保育施設への送迎20件、未就園児の一時預かり19件と、この2つで全体の7割近くを占めている。「受診後の病児の預かり、病院への送迎」などのケースも増えてきたほか、「2人目の出産時、上の子の一時預かり」など昼夜を問わない突発的なニーズにも対応できるところが人気の理由となっている。
 週2回、夕方にスタッフ会員に来てもらって食事介助など子育てをサポートしてもらっているという30代女性からは、「夫が仕事で帰りが遅くなることもあるので、大人が一緒にいてくれるのは心強く、すごく助かっています」との声が聞かれた。
 そらまめサポートでは、利用会員を随時受け付け中。入会無料で、利用するには希望の内容に添ったスタッフ会員と、子ども同席の上で顔合わせを行う事前打ち合わせが必要。サポートが必要なときは事務所か、直接スタッフ会員に申し出る仕組み。基本的に依頼者か、スタッフ会員の自宅で子どもを預かる。基本預かりは24時間対応で、利用料金は600~1000円。時間帯や内容によって料金は変動する。
 そらまめサポートでは「利用者からは大変好評をいただいております。実際に利用する予定がなくても、突発的なときのためのお守りとして、ぜひ会員登録しておいてください」と呼びかけている。その他のサービス、料金などの問い合わせは事務所℡0738-20-9012。

関連記事

フォトニュース

  1. こうしてみると分かりやすいね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る