規範意識を高く

 先日、人気女優の兄が道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕され、ニュースになっていた。それによると、男は酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。スマートフォンを操作しながらの運転で軽乗用車に追突し、駆けつけた警察の検査で基準値を超えるアルコールが検出された。有名人の家族が一般人であるとき、今回のケースのように「誰々の兄」と報道する賛否はさておき、身内の事件や事故を理由にバッシングに遭う芸能人は少なくない。
 有名人、芸能人のスキャンダルといえば昨今、不倫騒動がたびたび取り上げられ、ワイドショーを席巻している、と言っても言い過ぎではないだろう。つい先日も音楽家の男性が記者会見で引退を表明。週刊誌に不倫疑惑を報じられ、「騒動のけじめとして決意した」と述べていた。一方で不倫については否定していたが、ほかに浮気が報道された人たちと同じように、バッシングの対象となって仕事や人生そのものに影響を与えている。
 社会を円滑に回すためには明らかな犯罪でないかぎり、ある程度の「おイタ」は大目にみる寛容さは必要に思うが、本人の「規範意識」は大切。規範意識とは道徳、倫理、法律といった社会のルールを守ろうとする意識のことと辞書にある。「これくらいなら」「みんなやっているから」に流されてしまう人、一般的に許されていない行為を後先考えず安易にしてしまう人らの社会的信用は低いと言わざるを得ず、その人が属する会社や組織、グループ全体の信用問題にも発展しかねない。仕事面だけでなく、大人としてもどうなのか。子どもたちの規範意識を高めるためにも、手本となる行動、言動を心がけたい。   (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る