インフルが流行

 インフルエンザが流行している。国立感染症研究所によると、全国約5000の定点医療機関から報告された1月1~7日の1週間の患者数は約124万人。前の週の約101万人に比べて20万人余り増加。特に九州や中国地方など西日本で多い。厚生労働省は今月下旬から2月にかけてピークを迎えるとみており、注意を呼びかけている。和歌山県でも増加傾向にあり、日高地方の小中学校などでもインフルエンザによる学級・学年閉鎖が発生している。
 筆者も少し前にインフルエンザにかかった。昼食後1、2時間の間に急に熱が出てきたような気がしたので、病院で計ると38度あり、すぐに検査。予防接種を受けていたので大丈夫と思っていたが、結果はインフルエンザA型だった。病院では治療薬のイナビルを処方された。そのおかげか発熱日の夜は39度まで上がったが、翌日の昼には37度まで下がった。発熱から2日目には通常の食事もできるくらいに回復したが、感染防止のため数日間は仕事を休んだ。インフルエンザは10年ほど前にもかかったが、2、3日高熱がひかずに布団の中で震えていたことを思い出す。今回はそこまで苦しい思いをすることなく、治療薬のありがたみを実感。ただ薬は発症から48時間以内に使用する必要があるとのことだ。
 インフルエンザには高熱が出るA型と、微熱で下痢などが伴うB型があるが、ことしは両方が流行している。A型のあとにB型に感染したという人もいるので、どちらかにかかった人も安心はできない。マスクなどで予防をするのは大切だが、発症した場合は症状の軽減とさらなる感染の防止へ、すぐに受診し適切な治療を受けるよう心がけよう。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る