インフルが流行

 インフルエンザが流行している。国立感染症研究所によると、全国約5000の定点医療機関から報告された1月1~7日の1週間の患者数は約124万人。前の週の約101万人に比べて20万人余り増加。特に九州や中国地方など西日本で多い。厚生労働省は今月下旬から2月にかけてピークを迎えるとみており、注意を呼びかけている。和歌山県でも増加傾向にあり、日高地方の小中学校などでもインフルエンザによる学級・学年閉鎖が発生している。
 筆者も少し前にインフルエンザにかかった。昼食後1、2時間の間に急に熱が出てきたような気がしたので、病院で計ると38度あり、すぐに検査。予防接種を受けていたので大丈夫と思っていたが、結果はインフルエンザA型だった。病院では治療薬のイナビルを処方された。そのおかげか発熱日の夜は39度まで上がったが、翌日の昼には37度まで下がった。発熱から2日目には通常の食事もできるくらいに回復したが、感染防止のため数日間は仕事を休んだ。インフルエンザは10年ほど前にもかかったが、2、3日高熱がひかずに布団の中で震えていたことを思い出す。今回はそこまで苦しい思いをすることなく、治療薬のありがたみを実感。ただ薬は発症から48時間以内に使用する必要があるとのことだ。
 インフルエンザには高熱が出るA型と、微熱で下痢などが伴うB型があるが、ことしは両方が流行している。A型のあとにB型に感染したという人もいるので、どちらかにかかった人も安心はできない。マスクなどで予防をするのは大切だが、発症した場合は症状の軽減とさらなる感染の防止へ、すぐに受診し適切な治療を受けるよう心がけよう。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る