御坊の認知症対応型デイ施設で利用者企画のもちまき

 御坊市藤田町藤井、認知症対応型デイサービスあがら花まる(玉置哲也管理者)で17日、利用者が手作りした祠(ほこら)の完成を祝って餅まきが行われた。発案から企画、当日の運営まですべて利用者が中心となり、職員は手助けのみ。「本人が望むことを形にすることがこれからの認知症支援のあり方」といわれるなか、県内でも先駆的な取り組みとなり、初のイベントは地域住民でにぎわい大成功となった。
 同施設で昨年10月から週3回のデイサービスを利用している御坊市の男性(84)が元大工の腕を生かし、利用者が新聞紙で作ったお地蔵さんを祭れるようにと、高さ約1㍍の祠を作り始めたのがきっかけ。男性を含めた利用者仲間5人が雑談の中で、「完成したら、餅まきやろらよ」と話したことがどんどん盛り上がり、完成した祠のお披露目を兼ねて餅まきイベントを開催することになった。
 「餅は杵と臼でつくのはしんどいので、機械を使おう」「餅まきは1月の大安の日の17日にしよう」「普段来てくれる幼稚園児や小学生には菓子もまこう」など意見を出し合って自分たちで決め、職員に手伝ってもらいながら準備を進めた。話を聞いた住民からもち米が提供され、イベント当日の午前中からみんなで餅をつき、丸めて袋に入れる作業も利用者が中心になって行った。
 朝からあいにくの雨だったが、午後3時半の開始前には上がり、地域住民、藤田小学校児童、大成幼稚園の園児ら約50人が訪れた。完成した祠をお披露目し、玉置管理者が利用者の男性が手作りしたことを説明した上で「皆さんが幸せになるようにと手作りしたお地蔵さんを祭ることができます。気軽に手を合わせに来てください」とPR。元大工の男性も「皆さんの力をお借りして、こうしてお祝いすることができました」とあいさつし、利用者たちが餅をまき、住民は袋いっぱいに拾って笑顔があふれていた。
 玉置管理者は「認知症になったら何もできないと思われがちですが、何でもできることを多くの人に知ってほしい。これからも本人の声を形にできるよう、行政や地域住民の力を借りて取り組んでいきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る