イクメンは企業が育てる

 「最近は乳幼児健診に父親が一緒に参加しているのをよく見る。感覚では4割ぐらい」とは、先日、御坊市役所職員で1年間の育児休業を取得した塩崎卓礼さんがワークショップの中で話していた言葉。育児に父親が積極的に参加する、最近ではごく当たり前のように思う。それでも長期の育休を取得するとなると、なかなかハードルが高い職種が多いのが実際だろう。塩崎さんも、たまたまタイミングがよかったから取れたと言っていた。そしてもう一つ、記事でも紹介したが、公共施設や商業施設に男性用のおむつ交換室や授乳室があまり普及していないとの指摘。ぜひ、生の声が届いてほしいと願う。
 厚生労働省は、2020年に男性の育休取得率13%を目標にしている。2016年のデータでは3%余りなので、実現には厳しい数字である。取得率を上げるための取り組みの一つが、男性の仕事と育児の両立を促進し業務改善を行っている企業を表彰する「イクメン企業アワード」、部下の仕事と育児の両立を支援する上司を表彰する「イクボスアワード」という。飛躍的に取得率が上がるかは別にして、社員の実情を把握し、働きやすい環境を整える姿勢を促す意味では素晴らしいといえる。
 育休を取らなくても、仕事を早く切り上げて帰宅する、休みの日は目いっぱい子育てを楽しむ、そんなイクメンは身近にたくさんいる。職種にもよるが、企業側が社員一人一人の家族構成にしっかり目を向ければ、仕事の負担を少し減らすなど子育てしやすい環境を作るのは難しくない。社員の子どもは何歳で、何人いるのか、夫婦共働きなのか。もしも知らないのなら、そこがスタートラインだ。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. いたずらしちゃうよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る