イクメンは企業が育てる

 「最近は乳幼児健診に父親が一緒に参加しているのをよく見る。感覚では4割ぐらい」とは、先日、御坊市役所職員で1年間の育児休業を取得した塩崎卓礼さんがワークショップの中で話していた言葉。育児に父親が積極的に参加する、最近ではごく当たり前のように思う。それでも長期の育休を取得するとなると、なかなかハードルが高い職種が多いのが実際だろう。塩崎さんも、たまたまタイミングがよかったから取れたと言っていた。そしてもう一つ、記事でも紹介したが、公共施設や商業施設に男性用のおむつ交換室や授乳室があまり普及していないとの指摘。ぜひ、生の声が届いてほしいと願う。
 厚生労働省は、2020年に男性の育休取得率13%を目標にしている。2016年のデータでは3%余りなので、実現には厳しい数字である。取得率を上げるための取り組みの一つが、男性の仕事と育児の両立を促進し業務改善を行っている企業を表彰する「イクメン企業アワード」、部下の仕事と育児の両立を支援する上司を表彰する「イクボスアワード」という。飛躍的に取得率が上がるかは別にして、社員の実情を把握し、働きやすい環境を整える姿勢を促す意味では素晴らしいといえる。
 育休を取らなくても、仕事を早く切り上げて帰宅する、休みの日は目いっぱい子育てを楽しむ、そんなイクメンは身近にたくさんいる。職種にもよるが、企業側が社員一人一人の家族構成にしっかり目を向ければ、仕事の負担を少し減らすなど子育てしやすい環境を作るのは難しくない。社員の子どもは何歳で、何人いるのか、夫婦共働きなのか。もしも知らないのなら、そこがスタートラインだ。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 右を見て左を見てそして右

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る