子ども達の震災体験セミナー

 1月17日は筆者の母親の誕生日であるが、23年前、1995年のこの日からは、日本人にとって忘れてはならない日付となった◆特定非営利活動法人「震災から命を守る会」主催の体験セミナー「1・17阪神淡路大震災からの教訓」が御坊市立体育館で行われ、取材した。市内4保育園の園児約100人が参加。敷き詰められた卵の殻の上をはだしで歩く体験で、靴をはかずにがれきの道などを歩いたらどんな感触か身をもって学んだ。友達としっかり手をつなぎ合っておそるおそる歩いていく子ども達の姿は微笑ましく、足の裏を一生懸命拭いて「痛かった~」と言いながらも滅多にない経験を面白がって笑う様子は笑顔を誘った◆被災地の学校施設を写した写真パネルも紹介。大きなロッカーが教室の真ん中に倒れていたり、音楽室でグランドピアノが上下逆にひっくり返っていたりといった具合で、子どもたちにとって大きなもの、家具類が簡単に動いたり放り出されたりしてしまっている映像を目の当たりに見せることで、地震がどんなに大変な事態か、幼い子にも分かりやすいよう感覚的に理解してもらおうという試みだ◆きょうで85歳になる白浜町出身の母は、1946年12月21日の南海地震をよく覚えているという。当時13歳で、自宅近くの裏山に遊びに行っている時に遭遇。激しい揺れに立っていられず友人と手を取り合って地面に伏せ、家の方を見下ろすと、並んだ家々が信じられないくらい左右に大きく揺れていた。本当に恐ろしかったそうだ◆子ども時代の経験、印象は成長しても強く残る。「いざという時、逃げられる子どもを育てること」――以前取材した、「釜石の奇跡」の立役者といわれる片田敏孝氏の講演会で強く印象に残った言葉を思い出した。      (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る