裏方一人一人にもドラマがある

 三大大学駅伝のうち出雲、全日本と優勝を逃してきたからこそ余計に注目された青山学院。心配と接戦の期待が入り混じって迎えた箱根駅伝本番、終わってみれば圧勝の4連覇、お見事だった。箱根駅伝が好きだった父の影響で子どものころから何気に見ていた。プロ野球のようにとくに好きなチームがあるわけではない。10区間、総距離217・1㌔にあるさまざまなドラマが最近では好きだったが、青学が初優勝してからはなぜか応援したくなる。原晋監督に人間としての魅力を感じるのもあるが、チームの結束力が一回り違うような印象を受ける。強さの秘訣は何なのか非常に興味がある。
 1月4日付の読売新聞の「顔」のコーナーに青学主将が紹介されていて、強さに少し触れることができた。箱根は4年間で一度も走れなかったが、主将として全ての面で模範になろうと、休養日でもジムで筋トレ、掃除やあいさつも完璧にこなしたという。どんな競技にもいえるが、一流選手は私生活から一流である。そんな皆から目標とされるリーダーがいるチームは強くなる。原監督の奥さんの記事も読んだ。寮母として監督や選手が競技に打ち込める環境づくりと私生活をサポートしている。「誰かを支えることが好きなんです」という言葉には感服するしかない。
 選手に選ばれた者にしか分からない喜び、プレッシャーがあるだろう。本人の能力や努力はもちろんだが、多くの人たちの支えがあってこそ。裏方として支える人たちにも一人一人ドラマがある。あらためてチームスポーツの魅力に触れられた。和歌山県では来月、市町村対抗ジュニア駅伝がある。ここにも選手、裏方一人一人のドラマがあることだろう。      (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る