県とJRなど 特急利用促進へスクラム

 JR西日本和歌山支社は3月17日からの春のダイヤ改正で、きのくに線の白浜―新宮間の特急くろしお号を現在の一日7往復から6往復に減便する。利用客の減少が続いているための見直しだが、仁坂吉伸知事は「乗客を増やす努力はJRと沿線自治体などみんなで考えなければならない」とし、県や市町村職員の出張時の特急利用などの対策、JRと協働の誘客キャンペーンを打ち出した。
 和歌山―新宮を結ぶJRきのくに線は、白浜―新宮間の特急くろしお号の利用客が10年前に比べて約3分の2に減少。昨年10月にJR西日本和歌山支社から県や沿線自治体に対し、利用実態に合わせた見直し(減便)の計画が伝えられた。その後の県と市町村長との懇談会ではこの件が話題となり、仁坂知事は「JRは生意気だ。自分で乗客を増やす努力をしたのか。乗客を増やす努力は県や沿線自治体みんなで考えなければならない」などとJRの方針に怒りをあらわにしていた。
 先月15日、県は春のダイヤ改正に合わせ、沿線自治体や経済団体、JRと連携した特急利用促進策を発表。県としては、職員の自動車長距離出張をくろしお利用に変更し、自動車通勤者に対してJRを使ったパークアンドライド通勤を促進。市町村の職員も単身出張は原則くろしお号を利用し、紀南の市町村職員が出席する本庁の会議はくろしお号を利用しやすい開催時間とするよう配慮する。また、商工会連合会や中小企業団体中央会、商工会議所連合会にも特急の利用を働きかける。
 誘客対策としてはJRと協働で3月17日から10月31日まで、「特急くろしお号に乗って和歌山・紀南へ行こう」キャンペーンを展開。高野・熊野の世界遺産巡礼バスの利便性向上、JRと宿泊をセットにした旅行商品に乗り捨て無料の駅レンタカープランをオプション発売(予定)、レンタカー利用者向け周遊モデルプランを作成する。春休みにはアドベンチャーワールドとのコラボ企画で、「パンダくろしお Smileアドベンチャートレイン」団体臨時列車を運行(予定)する。
 JRはこれらのキャンペーン等により、利用者の回復傾向が安定的に確認できた場合、列車の増発などを検討するという。

関連記事

フォトニュース

  1. 右を見て左を見てそして右

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る