県とJRなど 特急利用促進へスクラム

 JR西日本和歌山支社は3月17日からの春のダイヤ改正で、きのくに線の白浜―新宮間の特急くろしお号を現在の一日7往復から6往復に減便する。利用客の減少が続いているための見直しだが、仁坂吉伸知事は「乗客を増やす努力はJRと沿線自治体などみんなで考えなければならない」とし、県や市町村職員の出張時の特急利用などの対策、JRと協働の誘客キャンペーンを打ち出した。
 和歌山―新宮を結ぶJRきのくに線は、白浜―新宮間の特急くろしお号の利用客が10年前に比べて約3分の2に減少。昨年10月にJR西日本和歌山支社から県や沿線自治体に対し、利用実態に合わせた見直し(減便)の計画が伝えられた。その後の県と市町村長との懇談会ではこの件が話題となり、仁坂知事は「JRは生意気だ。自分で乗客を増やす努力をしたのか。乗客を増やす努力は県や沿線自治体みんなで考えなければならない」などとJRの方針に怒りをあらわにしていた。
 先月15日、県は春のダイヤ改正に合わせ、沿線自治体や経済団体、JRと連携した特急利用促進策を発表。県としては、職員の自動車長距離出張をくろしお利用に変更し、自動車通勤者に対してJRを使ったパークアンドライド通勤を促進。市町村の職員も単身出張は原則くろしお号を利用し、紀南の市町村職員が出席する本庁の会議はくろしお号を利用しやすい開催時間とするよう配慮する。また、商工会連合会や中小企業団体中央会、商工会議所連合会にも特急の利用を働きかける。
 誘客対策としてはJRと協働で3月17日から10月31日まで、「特急くろしお号に乗って和歌山・紀南へ行こう」キャンペーンを展開。高野・熊野の世界遺産巡礼バスの利便性向上、JRと宿泊をセットにした旅行商品に乗り捨て無料の駅レンタカープランをオプション発売(予定)、レンタカー利用者向け周遊モデルプランを作成する。春休みにはアドベンチャーワールドとのコラボ企画で、「パンダくろしお Smileアドベンチャートレイン」団体臨時列車を運行(予定)する。
 JRはこれらのキャンペーン等により、利用者の回復傾向が安定的に確認できた場合、列車の増発などを検討するという。

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る