日高町と美浜町で成人式

 8日の成人の日を前に日高地方のトップを切って美浜町と日高町の成人式が4日に行われ、合わせて177人(男93、女84)の新成人が大人の仲間入りを果たした。男性陣はスーツやはかま姿でビシッと決め、女性陣は艶やかな振り袖姿で出席。激動の時代の中も希望や期待を胸に決意新た。首長や来賓からは門出を祝って激励の言葉が贈られた。
 美浜町は地域福祉センターで行われ、対象者92人(男49、女43)のうち62人(男34、女28)が出席。森下誠史町長は松林の育成に尽力した町の偉人、松本栄次郎氏を紹介したうえで、「皆さんには前途洋々の将来が開けています。小さく固まることなく、自分の可能性を信じ、目標に向かって、ふるさと美浜の誇りを胸にまい進されることを祈っています」と式辞。新成人を代表して平野真由さんが「私たちは二十歳という新たなスタートを切りますが、それぞれの夢や目標に向かって、感謝の気持ちを忘れず頑張りたい」と決意を表明し、川合隼平さんが「社会の一員としての自覚を持ち、一人一人が責任ある行動をとるとともに、若者らしく一歩一歩力強く生きていくことをここに誓います」と謝辞を述べた。乾杯のあと、役場駐車場でバルーンリリースや記念撮影もあった。
 日高町は中央公民館で行われ、対象者85人(男44、女41)のうち66人(男33、女33)が出席。松本秀司町長は「成人としての権利と自由が認められると同時に責任や義務も重いものとなるが、その自覚を持ってしっかり頑張ってほしい」と式辞。来賓祝辞のあと、新成人を代表して野上結衣さんが記念品を受け取り、山澤優さんが「皆さまからいただいた意義深い教訓を胸に刻み、社会という大海に胸を張って船出していきたいと思います。本日の感激を胸に成人としての自覚を新たにし、大人社会の一員としてベストを尽くします」と決意を述べた。このあと、屋外でバルーンリリースも行った。公民館1階ロビーにはインスタ映えするバルーンアートの「フォトプレイス」も設置され、思い出の一枚を撮影していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る