日高町と美浜町で成人式

 8日の成人の日を前に日高地方のトップを切って美浜町と日高町の成人式が4日に行われ、合わせて177人(男93、女84)の新成人が大人の仲間入りを果たした。男性陣はスーツやはかま姿でビシッと決め、女性陣は艶やかな振り袖姿で出席。激動の時代の中も希望や期待を胸に決意新た。首長や来賓からは門出を祝って激励の言葉が贈られた。
 美浜町は地域福祉センターで行われ、対象者92人(男49、女43)のうち62人(男34、女28)が出席。森下誠史町長は松林の育成に尽力した町の偉人、松本栄次郎氏を紹介したうえで、「皆さんには前途洋々の将来が開けています。小さく固まることなく、自分の可能性を信じ、目標に向かって、ふるさと美浜の誇りを胸にまい進されることを祈っています」と式辞。新成人を代表して平野真由さんが「私たちは二十歳という新たなスタートを切りますが、それぞれの夢や目標に向かって、感謝の気持ちを忘れず頑張りたい」と決意を表明し、川合隼平さんが「社会の一員としての自覚を持ち、一人一人が責任ある行動をとるとともに、若者らしく一歩一歩力強く生きていくことをここに誓います」と謝辞を述べた。乾杯のあと、役場駐車場でバルーンリリースや記念撮影もあった。
 日高町は中央公民館で行われ、対象者85人(男44、女41)のうち66人(男33、女33)が出席。松本秀司町長は「成人としての権利と自由が認められると同時に責任や義務も重いものとなるが、その自覚を持ってしっかり頑張ってほしい」と式辞。来賓祝辞のあと、新成人を代表して野上結衣さんが記念品を受け取り、山澤優さんが「皆さまからいただいた意義深い教訓を胸に刻み、社会という大海に胸を張って船出していきたいと思います。本日の感激を胸に成人としての自覚を新たにし、大人社会の一員としてベストを尽くします」と決意を述べた。このあと、屋外でバルーンリリースも行った。公民館1階ロビーにはインスタ映えするバルーンアートの「フォトプレイス」も設置され、思い出の一枚を撮影していた。

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか前に進まへん…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る