みなべの須賀神社で伝統の火占い

 みなべ町西本庄、須賀神社(前芝弘知宮司)で元日の未明、たいまつで稲の作柄を予想する火占いが行われ、晩生(おくて)、早生(わせ)、中生(なかて)の順で豊作となった。
 300年以上前から行われている県内でも珍しい伝統行事。除夜祭、歳旦祭に続いて午前0時すぎから境内の二の鳥居近くで行われた。3本のたいまつにそれぞれ「早生」「中生」「晩生」と書かれた札を取り付け、火をつけて燃え尽きる早さで占う。歳旦祭で使われたろうそくの火で総代らがたいまつに点火。3本とも勢いよく燃え上がり、初詣の参拝客らはどれが一番早く燃えるのか見守っていた。