もはや関係修復は不可能

 昨年は芸能人、有名人のスキャンダルが相次いだ。なかでもサスペンス俳優Fとの離婚が成立した女優Mの言動は不可解、気持ち悪さが際立ち、年末の会見はその異様さに芸能レポーターも失笑するしかなかった。
 夫婦という関係は、互いを人生の伴侶として役場に婚姻届を提出し、法的にも社会的にも承認される。当事者はもちろん、両家の家族、友人らもうれしく、結婚式、披露宴でともに支え合って生きることを誓う。一般的には多くの夫婦がそうであろう。
 逆に、離婚という夫婦の契約解除は手続きが困難な場合が少なくない。二つのものが一つになり、その一つのものを二つに分けるという作業はお金や不動産ならともかく、子どもの体は半分に引き裂く訳にもいかず、話し合いに法律の専門家が入るケースもある。
 一般人でも芸能人でも、離婚が成立する前に自ら外に向かって相手を誹謗中傷する人はいないが、Mの夫に対する恨みは凄まじく、自分は完全に正しく、こうなったのもすべては相手のせいであると、ドラマの作家も書かないような恐ろしい言葉を口にしていた。
 年末の韓国の慰安婦問題に関する日韓合意の検証結果公表は、合意の不履行、一方的な相手の批判という点がMとよく似ている。非公開の交渉過程まで勝手に暴露したその口で、大統領は「両国が不幸な過去の歴史を乗り越え、真の友人となることを願っている」という。
 北朝鮮の核の脅威が迫るなか、外交の常識ではとうてい考えられず、トランプ大統領以上に内向きの常軌を逸した愚行といわざるを得ない。個人の離婚と同じく、こうなっては関係修復は不可能。国際社会の笑い者となり、傷つくのは韓国、日本は黙って放っておけばよい。       (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る