バレーの中学生全日本合宿 日高地方の2選手参加へ

 日本全国から選抜された長身中学生が対象の2017年度全国中学生長身選手発掘育成合宿(2月9~12日、東京都)で、女子の参加メンバーに日高地方から上南部2年の堺目愛和(身長178㌢)

=写真左=、日高2年の鈴木美柚(175㌢)

=写真右=の2選手が選ばれた。未来の日本バレーボール界を担う選手の発掘・育成を目的にした強化合宿で、女子参加メンバーは県内2人だけ。2選手は将来の飛躍へ張り切っている。


片山バレー鈴木さん3.jpg柏木バレー堺目さん3.jpg
 強化合宿は公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)のハイパフォーマンス事業本部発掘育成委員会が主催し、公益財団法人日本中学校体育連盟のバレーボール競技部が主管。全国から身体的に恵まれた将来性のあるオリンピック有望選手らの発掘、将来の「強い日本チーム」を担う人材の育成が主な目的で、全国の中学生男女それぞれ50人が参加。昨年12月に近畿地方の選考会があり、男子で8人(県内1人)、女子で日高地方の2選手を含む12人が選ばれた。会場は全日本チームが練習に使用する国立のアスリート専用トレーニング施設「味の素ナショナルトレーニングセンター」。JVA強化委員会や発掘育成委員会の中高合宿・エリートアカデミーのスタッフらから指導を受ける。

 堺目選手は南部中との合同チームのセンタープレーヤー。最高到達点285㌢の高さを武器にスパイクのコースを巧みに打ち分ける。ワンタッチを狙ってのブロックアウトやブロックでもポイントできるチームの得点源。合同、上南部中の両チームで主将としてもメンバーをけん引している。

 小3から南部スポーツ少年団でバレーを始め、6年のときに全国大会へ出場。中学校では昨年11月の県大会でベスト4入りし、3月の近畿大会出場を決めている。負けん気が強く、相手のマークが集まるほど楽しくなり燃えるタイプ。将来の全日本入りが目標で、「大舞台で得点、勝利できて、チームのみんなを引っ張れる選手になりたい」と力を込め、本番へ向けて「楽しみ。全力を尽くしたい。合宿で多くのことを吸収し、チームに持ち帰りたい」と話している。

 鈴木選手は日高中の絶対的エースで、最高到達点284㌢の高い打点から打ちこむ力強いスパイクが持ち味。相手にマークされながらもワンタッチを狙える技術、バックアタックやブロックでも得点できるチームのポイントゲッターで、右利きながら左でも打てる器用さも兼ね備える。選考会では高い攻撃力だけでなく、レシーブ力も評価を受けた。

 小学2年から内原でバレーを始めた。日高中では1年からレギュラーで、「アタックを決めたときが一番うれしい」とバレーが大好き。課題は「ジャンプ力」と自己分析し、壁に向かって最高到達点を伸ばす練習を毎日続けている。昨年は近畿選考会で落選しており、初選出に「めっちゃうれしかった」と笑顔いっぱい。本番へは「後悔のないよう思いっきりプレーしてきたい。長身の選手ばかりですが、負けないよう上を目指して頑張りたい」と張り切っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る