27日 南部梅林がオープン!

 みなべ町晩稲の南部梅林は、27日に開園する。期間中の土日曜日や祝祭日には多彩なイベントを行い、2月10日には同町東本庄出身のシンガーソングライター川島ケイジさんのミニライブも行われる。運営する梅の里観梅協会(片山清範会長)は「来園者の目標は3万人」と話している。見ごろは2月中旬ごろ。
 南部梅林は「一目百万、香り十里」で知られ、毎年県内外から大勢の観梅客が訪れる。昨年のシーズンは目標の3万人には届かなかったが、満開期を中心に約2万7000人が観梅を楽しんだ。
 毎年期間中はさまざまなイベントを行っており、ことしも土日祝日には川島さんのミニライブのほか梅料理キャンペーン、梅酒コレクション、よさこい踊りなど多彩に展開。期間中を通じて小学生の梅の花の写生画展、フォトコンテスト、町内のホテル宿泊券が当たるクイズなども実施する。そのほか初めての試みとして、散策コースに梅の剪定枝でつくったシカやイノシシなどのアート作品を飾る。
 開花始期は2月上旬、満開期は2月中旬以降の予想となっている。詳しくは観梅協会℡0739ー74-3464。梅花テレフォン情報0739ー74-3219でも花の状況を聞くことができる。入園料は大人(中学生以上)300円、小人(小学生)100円。
 期間中の主なイベントは次の通り。
 2月3日=紀州梅林太鼓▽4日=梅の種飛ばし大会▽10日=川島ケイジミニライブ▽11日=内中源蔵翁供養祭、梅料理キャンペーン、梅酒コレクション、生バンド演奏(夢の坂の旅人)▽12日=よさこい踊り(プラリズム梅舞)▽17日=野点▽18日=梅林エアロビクス▽24日=梅の種飛ばし大会▽25日=みなべジュニアバンド演奏▽10、11、12、17、18、24、25日=餅投げ

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る