みなべ町で157人の成人式

 みなべ町の成人式が4日に町内山内の紀州南部ロイヤルホテルで行われ、新成人157人の門出を祝った。式では西村陸さん(19)=芝=が謝辞を述べ、「自分の行動に責任を持ち、社会の一員として常に向上心を持って前進していきます」と誓った。このあと親睦会が開かれ、久しぶりに会う中学時代の旧友らとテーブルを囲んで話に花を咲かせ、楽しいひとときを過ごした。
 対象は男性80、女性77の計157人。昨年の160人より3人少なかった。
 小谷芳正町長は式辞で「これまでの20年間は家族に見守られながら多くの人と出会い、人間として立派に成長されました。これからは感謝の気持ちを胸にさらに成長し、かけがえのない人生を歩んで下さい」とエール。発生が予想される南海地震についても触れ、「災害の際はまず自分の命を自分で守り、次にいままで育ててくれた家族や近所の人を恩返しの意味を込めて助けてもらいたい」とした。来賓の竹本栄次町議会議長も祝福。新成人を代表し、西村さんが謝辞で「成人式を迎えられたのは支えてくださった両親や家族、先生方や地域の皆さんに多くの愛情を持って育てていただいたおかげ。成人としての決意を忘れず、自分を信じ、若者らしく夢と希望を持って責任ある行動のとれる大人となるように精進してまいります」と決意を語った。
 このあと親睦会に移り、華やかな振り袖姿の女性、りりしいスーツ姿の男性らがテーブルを囲んで歓談。中学3年生の時の担任だった7人からお祝いのスピーチが行われたほか、ビンゴゲームなどを楽しんだ。専門学校に通う安達良篤さん(20)=芝=は「4月からは就職して社会人になる。一層大人としての自覚を持っていきたい」、短期大学に通う久保明日香さん(20)=埴田=は「成人した実感はまだわいてこないが、これからは大人としての責任を持って頑張っていきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る