みなべの小谷町長は副町長選任案否決に言及

 みなべ町の小谷芳正町長は28日に役場で行われた仕事納め式で、今月15日に開かれた定例議会で吉本正二副町長(62)=晩稲=の選任案件が否決された件にについて説明。「私自身の不徳」としたうえで「否決に対する責任は議会が負っている。どのような考え方に基づいて否決したのかを明らかにする必要がある」などと述べた。
 定例議会本会議で副町長の選任案件が提案され、記名式投票で採決を行った結果、賛成6人、反対7人で否決した。吉本氏は今月31日に任期が満了し、退任する。
 仕事納め式の前には吉本氏の退任式が行われ、小谷町長は「4年前に私の方から『どうしてもあなたの力が必要なので副町長としてお願いしたい』と言っておきながら、今回のような結果になってしまったことをお詫びしたい」とし、「インフラ整備などハード面を担当され、縦割り行政から横断的に各課を取りまとめられた」などと功績を紹介した。吉本氏は退任あいさつで「これまでご指導いただいた小谷町長や職員の皆さんには感謝の気持ちしかない。快適なまちづくりに向けて職員が一丸となって取り組んでもらいたい」と述べ、職員から花束が贈られた。
 続く仕事納め式では小谷町長があいさつでことし1年を振り返り、副町長の選任が否決されたことに触れて「私自身の不徳の致すところ。真摯に受け止めて今後のまちづくりを進めていきたい」とし、「議会では反対討論もないまま不同意となった。どういう考え方で否決したのかを、合議制の代表である議会は有権者に明らかにする必要がある。町民からいろんな話が出てくると思うが、職員の皆さんは動揺することなく、事務の執行に当たってもらいたい」と述べた。
 反対派議員は取材に対し、否決の理由について防災広場の整備事業(東吉田)の工事の遅れなどを挙げているが、住民からは「反対した理由がはっきり分からない」という声も聞かれている。
 吉本氏は1974年4月に旧南部川村職員となり、副町長の4年間と合わせて44年間にわたって行政に携わった。

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る