〝限界突破〟の一年に

 ことしも充実した1年が終わろうとしている。振り返れば入社した22年前、右も左も分からないまま、がむしゃらにネタを探し、記事を書くのも悪戦苦闘していた。
 最初に担当したエリアは由良町、次いで旧川辺町、美浜町、御坊市、そして現在は再び由良と日高の2町を回っている。特に御坊市は11年間担当させていただき、市政からまちネタまで、多種多様な情報をさばくのに苦労した。そんな中で記者として大きく成長させてもらえたと思うし、多くの人との出会いは素晴らしい財産。お陰で取材の方法や記事の書き方という点でみれば、記者として一定のレベルに来たのではないだろうか。
 この間、会社の新聞制作システムも大きく変化した。筆者が入社した当時、カメラはフィルム、記事原稿は手書き。さらに印刷した文章をカッターで切ってのりで張り、紙面の原版をつくっていた。いまはというと、デジカメで撮影、記事はパソコン打ち、印刷用の原版もパソコンで制作。格段に印刷までのスピードアップが図れ、より一層新しい情報を読者に提供できるようになった。ただ、これからの新聞はどうなっていくのか、不安な面がある。というのは、インターネットの普及で若者たちの活字、紙離れが急速に進んでいるからだ。どう対応していくのか、日高新報に限らず新聞社が生き残るための分岐点に来ているといってもいい。
 日高新報は来年9月に創刊90周年を迎え、筆者は定年まで折り返しに突入していく。オピニオンリーダーとして、一記者として地域のために何ができるのか、常に自問自答しながら、いろんな意味で〝限界突破〟できる一年にしたい。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る