安全安心、おいしいですよ

 みなべ町晩稲、農業勇惣浩生さん(57)は12年前から自然農に取り組んでいる。畑をほとんど耕さず、農薬や科学肥料を使用しないという農法。作物は都心部の消費者らに届けられ、「安心安全でおいしい」と好評だ。勇惣さんは「自然の営みに沿って栽培すると、作物は美しい姿に育つ。そんな時、心からの喜びを感じる」と話している。
 自然農は草や虫を敵とせず、自然の営みに沿った農業。一般的な有機農業のような動物性の肥料も使用せず、田畑や作物の状態に応じて米ぬかと菜種油をわずかに使うだけ。自然界の営みを壊さないため、できるだけ耕さないことも基本としている。
 勇惣さんは元学校の教諭。南部小学校に在籍しながら1997年と98年の2年間、兵庫教育大学の大学院で環境教育について研修を受けたのをきっかけに自然農と出合った。その後、46歳で教職生活にピリオドを打って農業へと転職し、自然農を研究しながら農業を営んでいる。タマネギ、オクラ、キュウリ、カブなど旬の作物を少量多品目で栽培。特産の梅についても無農薬で試みている。作物は契約している京阪神や関東方面などの消費者らに届けられ、「自然な甘みがあっておいしい」とリピーターも多い。
 2014年からは「自然農の魅力を多くの人に伝えたい」と梅の里自然農塾も開講。研修費等は無料とし、毎年周辺市町から10人程度が受講している。米づくりを中心に、4月から体験を通じて月1回のペースで、田植えや野菜の種付けなどを指導している。勇惣さんは「今後、自然農塾では受講生各自の栽培スペースを設けられるようにしていきたい。梅栽培では無農薬農法を確立し、広く普及していければと思っている」と話し、「これからもおいしい野菜や青梅を届け続けたい」と作業に精を出している。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る