ジェトロ和歌山が開所

 県内企業の海外進出支援などを行う「日本貿易振興機構(JETRO=ジェトロ)和歌山貿易情報センター」の開所記念式典が20日、和歌山市の県庁で開かれた。海外のビジネス動向や商取引制度などの豊富なデータを持つジェトロの拠点誕生により、県内企業の販路拡大が期待されており、県選出の参議院議員、世耕弘成経済産業大臣や二階俊博自民党幹事長も出席し、開所を祝った。
 ジェトロは国内企業の海外進出や外国企業の対日投資促進を支援し、今月1日現在で海外54カ国に拠点がある。和歌山貿易情報センターは10月16日、設置費用の半分を県内自治体が負担する形で県庁東別館2階にオープン。都道府県庁内へのジェトロ拠点の設置は初めて。センター会長は紀陽銀行の片山博臣会長が務め、柴田哲男所長をはじめ職員5人が勤務し、県産農水産物の海外輸出支援や外国人観光客の誘致促進などに力を入れている。
 開所式でジェトロの石毛博行理事長は「中小企業の海外に対する関心が高まっている。和歌山は農水産物や観光資源などグローバルに通用する資源がある。気軽にセンターに相談してほしい」と呼びかけ、世耕大臣や仁坂吉伸知事、尾﨑太郎県議会議長らとテープカットを行った。
 式典に続き、出席者はセンター内を視察。相談者が関心のある国のビジネス環境を調べることができるパソコンや、世界各国の情勢を幅広く紹介した冊子などを設置しているハード面などについて柴田所長から説明を受けた。
 世耕大臣は「海外への販路拡大に熱意を持っている県内企業が多いと感じた」と述べ、センター職員に「県内各地を回って製造・生産の現場を把握し、県と協力しながら各企業に寄り添ってほしい」と求めた。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る