イエスタデイワンスモア

 正月に行われるある高校の同窓会で、マイしんぶんを発行させていただくことになった。昭和30年代後半生まれ、いまは50代半ばの人たちの会。師走の慌ただしさのなか、取材でお話を聞きながら、懐かしい御坊のまちがよみがえり、話はつきない。
 マイしんぶん同窓会バージョンは、やはり時間の経過が最大の軸となり、学生時代の出来事やブーム、ヒット曲から世相を振り返る。今回は35年から40年ほど前にさかのぼり、インベーダーゲームやルービック・キューブといった流行の化石がゴロゴロ出てくる。
 昭和の懐かしい映像には必ず、フォークソングと学生運動の映像が出てくる。同窓会の皆さんは70年安保の学生たちをリアルに見て育った世代で、デモなど学生運動こそなかったものの、時代の空気には政治や体制に反発する「学生パワー」の名残りがあったのだろう。
 同窓会に出席される恩師もその点、「ずば抜けた秀才はいなかったが、学年全体がよく勉強できたし、何をするにも元気だった」と振り返る。学校側が決めたことに納得できない生徒の代表が職員室に押しかけ、「いかがなものか」と抗議にきたこともあり、これもいまではまずありえず、学生が「元気」だったということか。
 ほかにも、当時のキーワードには「校内暴力」「金八先生」「聖子ちゃんカット」などがあり、ローカルネタでは「千寿堂」「こまため」「山下のせち」など。少しやんちゃな男子には「パッソル」「ボンタン」「ブラックウルフ」などが懐かしくってたまらない。
 久しぶりに再会する友達、互いの近況、思い出話に時間を忘れ、遠い日の記憶がまるで昨日のことのようによみがえる同窓会。その感動がかたちとなって残るマイしんぶんになれば、と願う年の瀬。      (静)

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る