イエスタデイワンスモア

 正月に行われるある高校の同窓会で、マイしんぶんを発行させていただくことになった。昭和30年代後半生まれ、いまは50代半ばの人たちの会。師走の慌ただしさのなか、取材でお話を聞きながら、懐かしい御坊のまちがよみがえり、話はつきない。
 マイしんぶん同窓会バージョンは、やはり時間の経過が最大の軸となり、学生時代の出来事やブーム、ヒット曲から世相を振り返る。今回は35年から40年ほど前にさかのぼり、インベーダーゲームやルービック・キューブといった流行の化石がゴロゴロ出てくる。
 昭和の懐かしい映像には必ず、フォークソングと学生運動の映像が出てくる。同窓会の皆さんは70年安保の学生たちをリアルに見て育った世代で、デモなど学生運動こそなかったものの、時代の空気には政治や体制に反発する「学生パワー」の名残りがあったのだろう。
 同窓会に出席される恩師もその点、「ずば抜けた秀才はいなかったが、学年全体がよく勉強できたし、何をするにも元気だった」と振り返る。学校側が決めたことに納得できない生徒の代表が職員室に押しかけ、「いかがなものか」と抗議にきたこともあり、これもいまではまずありえず、学生が「元気」だったということか。
 ほかにも、当時のキーワードには「校内暴力」「金八先生」「聖子ちゃんカット」などがあり、ローカルネタでは「千寿堂」「こまため」「山下のせち」など。少しやんちゃな男子には「パッソル」「ボンタン」「ブラックウルフ」などが懐かしくってたまらない。
 久しぶりに再会する友達、互いの近況、思い出話に時間を忘れ、遠い日の記憶がまるで昨日のことのようによみがえる同窓会。その感動がかたちとなって残るマイしんぶんになれば、と願う年の瀬。      (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る