愛煙家にまたまた悲報

 昨年末に肺炎にかかってたばこをやめ、もうすぐ1年になる。たばこを吸っていたころは一日1箱をコンスタントに空け、ちょっと飲みにいくと2箱、3箱に増加。以前、小欄でも書いたが、自分の意思では絶対に禁煙は無理だろうと思っていた。
 ところが、きちんと病院にいかず肺炎が長引いたため、1カ月ほど体調が悪く、さすがに胸の辺りがずっと苦しい状況ではたばこを吸う気もせずに禁煙。1カ月吸わなかったのだから、この際やめようと続けて現在に至る。「災いを転じて福となす」ということだろうか。いまとなっては全く吸いたいと思わないし、周りで吸われると煙たい上に臭いだけ。しかも、何か食べている途中にあんな煙が口に入ると、せっかくの料理も台無し。ある意味たばこを吸っている人は料理の味が分かっていないんじゃないの? とまで思う。筆者のことを知っている人からすれば、「あれだけ吸っていた人がよく言うわ」と非難されそうだが、本当にいまはそれぐらいたばこを敬遠している。
 そんなたばこだが、愛煙家にとってはまたまた悲報。自民・公明両党が去る14日に発表した「税制改正大綱」によると、来年10月、20年10月、21年10月に1円ずつ値上げを行い、1本当たり3円の増税。1箱で60円、筆者が買っていた銘柄だと510円になり、ついに1000円札で2箱変えない時代に突入する。
 しかし、案ずることはない。たばこを吸っていない人、禁煙した人には関係のない話。筆者もいまなら1箱1000円にしてくれても問題ない。愛煙家の皆さん、早くたばこをやめて健康にも財布にもやさしい日常を取り戻しましょう。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る