デジタル錠剤に期待

 先日開かれた和高専・次世代テクノサロン(和高専など主催)で、自然エネルギー事業などを手掛ける㈱エイワット(堺市)の出原敬介事業推進室ディレクターから「スマートコミュニティ実現に向けた取り組み」について聴いた。
 出原ディレクターの話で印象的だったのは、小型センサーが入った錠剤が11月に米食品医薬品局から承認されたということだ。サロンでは詳しい説明はなかったので、インターネットで詳細について調べてみた。承認されたのは、大塚製薬が製造・販売する統合失調症などの薬に、米国企業が開発した約3㍉のセンサーを組み込んだ錠剤と、貼り付け型の検出器。医薬品と医療機器を一体化した製品の承認は世界初とのこと。
 患者が飲んだ薬が胃に入ると、胃液に反応してセンサーが信号を出し、患者の脇腹につけた小型装置が信号を検出。薬をいつ飲んだかという情報が医師や家族らのスマートフォンなどに転送される仕組みとのこと。センサーは一定の時間がたてば排泄されるという。利用にはもちろん患者の同意が必要だ。
 さらにデジタル錠剤では飲んだ時間だけでなく、健康状態も知ることができるので、薬の効果が最大限に発揮できる処方にも活用可能。海外の航空会社では乗客に錠剤を飲んでもらうことで健康状態を管理し、体温で室内の温度を変えたり、胃酸の状態で食事メニューを考えたり、血液循環からエコノミー症候群を防ぐことなどを検討しているとか。
 個人情報漏えいや機器を体内に入れるなど、少しは不安もあるが、SF映画に出てくるような世界に着々と近づいている。一般化されるのはまだ先だろうが、今後の技術の進歩に期待したい。      (城)

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る