日高川町地域おこし隊 村越さんが起業へ

 日高川町の地域おこし協力隊の村越拓也さん(28)=日高川町小熊=は、来年3月の任期終了後、ジビエの捕獲、加工、販売の起業を目指している。協力隊で培った狩猟や解体の技術を生かし、鳥獣駆除で地域に貢献できる事業として考案。福祉の仕事をしていた経験もあり、「ジビエで地域活性化につなげるとともに、障害のある人に仕事を提供できれば」と話している。
 村越さんは静岡県出身で、中学時代に聴覚障害者の集まりに参加した際、手話が使えないことから孤立感を感じ、「障害者も普段は同じ思いをしているのでは」と福祉に興味を持った。高校、大学と福祉の学校に進み、卒業後は県内の障害者施設に勤務。日高川町出身の女性との結婚を機に、新たなことに挑戦しようと協力隊に応募し、2015年4月から勤務を始めた。
 協力隊として寒川地区に常駐し、原木シイタケの生産販売やホタルの復活に向けた竹キャンドルイベントなどに協力。地域の課題を知る中で鳥獣被害に興味を持ち、16年に銃とわなの資格を取得。以降、仕事の一環で被害のある農地へわなを設置するなど活動。1年目はシカなど数匹程度だったが、ことしは4月以降でシカ15~20匹を捕獲した。
 解体の技術も学び、猪谷にある町の鳥獣食肉処理加工施設を活用して、スライスやミンチに加工。知り合いを中心に、インターネットサイト「村越の村おこし」でも販売し、利益は寒川の地域活性化団体寄り合い会で活用している。また、日高高校中津分校の生徒と一緒になって飲食店でのジビエ料理の提供も行った。
 協力隊は来年3月で任期終了。その後も日高川町に残ることを決め、新たな仕事を模索するなか、地域の課題をビジネスにして地域おこしにつなげようと事業を考案。具体的には美山地域に仕掛けているわなを町内全域に増やし、捕獲した肉を販売。当面はすべてを1人で行うが、軌道に乗れば猟師からシカなどの買い取りも計画。臭みの強い肉はドッグフードなどにするほか、角や骨、皮の加工など、ジビエ以外にも広げていく。
 「まずは売ることが大切なので、ネットのほか各地の知り合いに声をかけて売り場所の確保に努めたい。『おいしい、ヘルシー、村おこし』を合言葉に、地域の人も肉を食べた人もみんなが笑顔になる事業にしたい」と意欲。地域福祉向上への思いも強く持っており、「障害者の方に仕事を提供し、一緒になって村おこしをしていけるようになれば」と目標を掲げている。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さんの声をお寄せください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る