EEパークPR館 関電が御坊市に譲渡へ

 2007年に次世代エネルギーの増進を図る目的で開設された御坊市塩屋町南塩屋の日高港新エネルギーパーク(EEパーク)のPR館は、来年3月までに関西電力㈱から御坊市へ無償譲渡される方向で調整されている。日高港が「みなとオアシスごぼう」に登録されたことを受け、市が関電に移管を打診していた。みなとオアシスのブランド力とPR効果で観光振興の拠点として期待される一方、PR館の来館者は年々減少しており、今後は集客アップの活用法が課題となりそう。
 13日に開かれた市議会全員協議会で執行部が明らかにした。
 EEパークはPR館、ソーラーカーなどの公園施設、太陽光発電などの研究施設からなり、2007年10月14日にオープン。公園施設は当初から、研究施設は2012年10月に関電から寄贈を受けて市が運営している。ことし11月に日高港が全国103番目の「みなとオアシス」に国土交通省から登録されたことを受け、市はPR館を拠点として活用していこうと、関電に話を持ちかけ、譲渡を受ける形での移管へ向けて調整を進めている。順調にいけば本年度中に譲渡、来年4月から市が管理する計画。
 市が運営となると、管理費や人件費が必要で、全員協議会で執行部は「維持管理費は年間約500万円。プラス人件費もかかる。運営は、公園施設等を管理している市ふれあいセンターに委託することを考えている」などと説明した。議員からは「今後、商業施設に変更することは可能なのか」「みなとオアシスに登録されたことでどのようなメリットがあるのか」などの質問があり、「変更は可能だが、当面は次世代エネルギーパークのPR機能を引き継ぐ」「メリットはブランド力が高まることや、みなとオアシス協議会のホームページで掲載され、PR効果が期待できる」などとした。ほかにもPR館の来館者がオープンから5年間は2万人台をキープしていたが、年々減少しており、昨年は1万476人となっていることから「御坊には魅力的な観光資源があるので、リンクしながら集客を図ることをこれから考えてもらいたい」との意見も出された。
 市企画課では「みなとオアシスのブランド力を生かし、集客につながる方法を商工振興課などと連携してこれから考えていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る