紀州鉄道 枕木のコンクリート化進む

 御坊市の紀州鉄道は、乗客の安全性を高めるため、本年度から線路の枕木のコンクリート(PC)化に取り組んでいる。10月中旬から学門駅を中心に初年度分の379㍍区間で工事に取り掛かり、このほど完成した。PC化で脱線の原因となるレール幅の広がりなどが解消され、揺れも少なくなるのが大きな特長で、将来的には全線で導入する考えだ。
 紀州鉄道ではことし1月22日、湯川町小松原地内、北裏病院西にある湯川第2踏切南側で、JR御坊駅発西御坊駅行きの車両が線路から脱輪する脱線事故が発生。その後の調査で老朽化等により脱線箇所のレール幅が広がっていたことが原因だと分かった。事故を教訓により安全性を高めていこうと、JRなどでも少しずつ進めているPC化を紀州鉄道でも導入していくことにした。
 まず取り掛かったのは、学生たちの利用が多く、レールに負担がかかるカーブにもなっている学門駅周辺。運行のない夜間に少しずつ進め、11月中に完了した。木の枕木の耐用年数は約10年で、周りの環境によってはもっと短くなる個所もあるが、PC化することによって交換の必要はほとんどなくなり、ランニングコスト削減につながる。現在はPCと木の枕木が交互に入っている状態だが、PCの方が間隔を広く取れるため、木の枕木の交換時期がきても取り除くだけで、新しく入れる必要はない。PC化でレール幅の伸縮がなくなり、乗客の安全が確保されるほか、レールとの間にゴムのクッションが入っており、揺れや音が軽減されるため、快適な乗り心地となるメリットもある。
 紀州鉄道は総延長2・7㌔で、今回の工事で全体の14%がPCとなった。来年度以降もカーブを中心に進めていくことにしており、将来的にはすべて更新する計画。同鉄道は「脱線事故を教訓に安全性を一層高め、地域から親しまれる鉄道をこれからも目指していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る