シカ被害の軽減へ

 県は近くシカの夜間銃猟をスタートさせるなど、獣害対策に力を入れているが、そんな獣害対策の一環ですっかりジビエ料理がおなじみになった。
 筆者は父親が狩猟をしているのでシカを食べる機会が多く、昔は生で食べることもしばしば。独特の臭みもなく、ごま油と塩で食べると風味がよく美味だった。最近は食中毒などで厚生労働省が生で食べないよう注意しており、加熱して食べている。タレに漬け込んだのを焼き肉にするオーソドックスな食べ方。おいしい上に赤身なのでヘルシーでもある。
 シカ肉料理については日高地方でも食生活研究グループや高校生らがさまざまな料理を考案。焼く、煮込む、揚げるなど、調理方法はたくさんあり、団子やスープ、バーガーのほか、グラタンで使っているレシピも。先月12日に日高川町で催された第1回フォレスト祭では、シカの脚の肉を骨が付いたままローストしたものを食べさせてくれるブースがあり、大人気だったそうだ。人気漫画「ワンピース」では主人公のルフィが豪快に骨付きの肉にかぶりついているシーンが多いが、案外そういった野性味あふれた食べ方が、いまの若者世代には斬新で人気が出るのだろうか。
 捕獲した肉の需要が高まれば、より一層、捕獲数も増える。シカに限った話ではないが、有害鳥獣として捕獲すれば報奨金が入り、肉も売れば金になる。捕獲や肉の解体、販売、料理提供までを一貫して行えば、一つの会社が立ち上げられるのではないかとも思う。獣害対策を兼ねた会社経営なら、国から補助金が出てもよさそう。何はともあれ、むやみな殺生はよろしくないが、深刻な獣害が減ることを願っている。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年は48輪咲きました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る