「陸王」にはまる

 テレビの日曜劇場「陸王」が面白い。テレビ局の内容紹介などによると、埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一は、日々、資金繰りに頭を抱える中、会社存続のために新規事業を発案。足袋製造の技術を生かし、「裸足感覚」を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に乗り出す。世界的なスポーツブランドとの厳しい競争、資金難、素材探しとさまざまな困難に直面しながら、従業員20人の地方零細企業がそれを乗り越えていくストーリーが展開されている。池井戸潤著の「陸王」が原作。社長役の役所広司はじめ、出演者の演技もいい。
 社長の安易とも思える発案で始まった新規事業だが、事業へかける情熱で周囲の人たちをどんどん巻き込んでいき、巻き込んだ人たちとの絆も強めていく。伝統を守るため事業に乗り気でない幹部、就職活動に忙しい息子、過去に事業に失敗している技術者らと立場の違う集団だが、「陸王」で一つになり、開発を進める。少し古くさい人間模様の描き方とも感じるが、とにかく「情熱」と「目標」で人は真剣に、がむしゃらに動くことができるのだと思わせてくれる。
 好きな野球に例えれば「陸王」は「甲子園」のようなものだろうか。高校球児にとっては明確な目標であり、指導者やリーダー的な選手の情熱はチームを成長させるための原動力になる。公立校では一人一人、野球に取り組む姿勢にばらつきがあっても、最後の夏の大会へ絆を強くし、一致団結するものだ。
 現実の社会では、ドラマのような社長、会社などはほとんど存在しないと多くの視聴者は感じているだろう。ドラマのヒットは、ないもの欲しさが大きいのかもしれない。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る