目標に向かって一歩踏み出せ

 「誰かのおかげで勝てた、誰かのせいで負けた」。チームスポーツに最も似つかわしくない言葉だと思う。「みんなの力が足りなかったから負けた、みんなの力が合わさったから勝てた」、チームスポーツの本質であり醍醐味である。もっといえば、目標を持ち、達成出来てもたとえ出来なくても、それに向かって努力を重ねたかどうかのプロセスが最も大事であろう。子どもたちのスポーツとなるとなおさらで、チャレンジする姿こそが一番美しい。だからこそ人は、人の頑張る姿にも感動を覚えることができるのだと思う。
 野球、サッカー、バレーなどスポーツ全般に好きだが、いまのシーズンはやはり駅伝が熱い。個人的なことで恐縮だが、先日開催された県中学校駅伝に、切目中女子の応援にいってきた。1区から最終区までハラハラドキドキのレース展開に大がつく緊張と興奮の連続。結果は4位。目標にしてきた近畿大会出場権(5位以内)を獲得できたこともそうだが、全力を出し切った走り、肩を抱き合い、涙を流して喜びを分かち合う子どもたちの姿に熱いものがこみあげた。仲間に、指導者に、保護者に恵まれたことに感謝の言葉しかない。
 そして3日に京都で開催された近畿大会、結果は30チーム中29位。全校生徒48人、町立は大阪の1校と切目の2校だけ、おそらく今大会参加校で最も小さな学校だろうが、堂々と走る選手たちはまぶしかった。優勝チームは全国大会3連覇中で、ことしは4連覇を狙っている。上には上がいる、全国レベルを肌で感じ、選手たちは大きな刺激を受けたことだろう。切目に限らずチャンスはどのチームにもある。無限の可能性を秘めたこどもたち、さあ、新たな一歩を踏み出そう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る