時代の流れに企業も変化

 ポータブル炊飯器やクロワッサンとブリュレを合体させたハイブリッドスイーツ、サワークリームを付けて食べる餃子、うんこ漢字ドリル等々、いずれも大ヒットした商品である。どうして流行したのか不思議に思う商品もあるが、消費者のニーズにうまくマッチしたのだろう。
 先日、経済ジャーナリストの須田慎一郎さんの講演を聴いた。テレビ番組「そこまで言って委員会NP」などに出演し、歯に衣着せぬ語り口でおなじみ。こわもてだが、講演内容はとても面白く、非常に分かりやすかった。そんな中、二極化が進む地域経済で勝ち組になるためには「時代の流れ、変化を的確に捉え、新しいマーケットに飛び込んでいけば、ビジネスチャンスがある」と強調。具体例として、女性や高齢者がより一層働ける社会を目指す一億総活躍社会実現プランの推進に伴い、女性向けスーツの需要がアップしていることを紹介。専門店をいち早くオープンした企業が、次々と店を拡大している。
 国の新たな施策や時代の変化には、大きな商売のチャンスがある。世界や日本、あるいは男性、女性、子ども、高齢者ら、それぞれどんなニーズがあり、将来的に求められるものは何なのか。常に政治、経済、スポーツ、文化などあらゆるジャンルで最新情報をキャッチし、企業自体がニーズに対応して変化していくことが必要。製造・販売企業に限らず、どんな業種にも通じることだろう。
 須田さんのモットーは「消費者ニーズに応える講演に」。常に国民が知りたいことをリサーチし、答えを講演で披露する。年間130回以上こなすそうで、その人気に「なるほど」と思った。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る