高評価だったNHK大河ドラマ

 カレンダーと同じく1月にスタートして12月に終わりを迎えるものがある。日曜夜のNHK大河ドラマだ◆ことしの大河、「おんな城主直虎」が先日最終回を迎えた。実は本放送を見逃してしまい、土曜の再放送を録画して見るつもりなのだが、インターネットで反響をみたところほぼすべて称賛の声。視聴率的に今ひとつ振るわなかったことなど取るに足らないと思えるほど、内容への評価は高かった◆8月に、ヒロインの井伊家当主直虎が幼馴染みの筆頭家老を自らの手で刑死させた回でも本欄で感想を書いたが、脚本の森下佳子氏のブレない視点の強さは凄い。全50回、ともすれば焦点がぼやけていきがちな長丁場のドラマが、初回から最終回まで「戦乱の世を雄々しく生き抜きながら戦なき世を願い、次の世代にその願いを託して結実させた女領主」というテーマで貫徹。見事に一つの大きな物語を構築している◆56作目という長い歴史を持つ大河。2年前の「花燃ゆ」も女性が主人公で、吉田松蔭の妹をクローズアップ。意欲作だったが、視聴率は2012年の「平清盛」と並びワースト記録。役者の演技はよかったし丁寧につくられていたが、低視聴率を気にかけてか演出や視点が変わっていくのが気になった。今回の「直虎」はその点、視聴者を必要以上に意識せず書き手の思いを貫く姿勢で書かれた点が非常によかったと思う。それが作品自体の志の高さを感じさせ、クオリティの高さにつながる◆来年は「西郷どん」、その次は東京五輪がテーマの「いだてん」。大河ファンとしても、五輪を日本に呼んだ和田フレッド勇ゆかりの地である当地方住民としても、五輪というこれまでにないテーマがどのように描かれるか実に興味深く、待ち遠しい。      (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る