学童野球を支える人たち

 1996年春に入社し、記者になって20年以上、スポーツ関係の取材を担当。年を重ねるごとに「日高地方は野球が盛ん、それに強豪チームが多い」と感じるようになっていった。当地方は人口の少ない地域だが、何人もプロ野球選手や甲子園選手を輩出。学童野球の記録を振り返ってみても、全国出場がかかる春の県大会で97年に白崎、99年に松原、2001年に塩屋が優勝。04年から07年にかけては和田、由良ツインズ、塩屋、川辺西ビクトリーズが立て続けに県制覇を成し遂げ、全国出場へ特集ページも製作させてもらった。裾野がしっかりしているからこそ、高校や社会人になっての活躍があるのだろう。
 先日、開催された県軟式野球連盟学童部日高支部の40周年記念式典では、日高地方の野球振興を支えてきた10氏の功労表彰も行われた。監督・元監督の4氏はプレーの基本をたたき込んだほか、あいさつ、礼儀などにも力を入れ、子どもたちの健全育成に尽力。学童部の6氏は暑い日も寒い日も試合のスムーズな運営に努め、その他、さまざまな準備など裏方として熱戦をサポートしてきた。「選手の笑顔」「元気なプレー」「息子がお世話になった恩返し」等々。それぞれ思いやモチベーションは違っても、子どもたちの力になりたいと頑張ってこられた。あらためて頭が下がる。
 功労賞の取材で、受賞者の1人から学童野球を観戦してきて「選手、保護者、スタッフ三位一体のチームが強い」との声が聞かれた。長年、取材を担当してきたものとして、これに学童部日高支部の皆さんの情熱、サポートも付け加えなければならないと思っており、日高地方の野球振興へ今後ますますの奮闘をお願いしたい。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る