ミカン王国復活へ

 ミカン収穫時の労働災害を防ごうと、御坊労働基準監督署(池山聖子署長)は先月、有田市のJAありだ「ありだ共選」で、労働災害防止キャンペーンを行った。有田振興局や有田市、JAありだと連携。収穫したミカンを選果場に搬入する農家に対し、チラシや啓発物品を配って労災防止を呼びかけた。
 農業の労災防止に向けた取り組みで、労基署と自治体が連携するのは県内初。全国でもほとんど例がないという。同署管内での農業による休業4日以上の労働災害は、2014年以降増えており、昨年は25人で前年比5人増加。12~16年の5年間でみると、作業別では収穫が41・5%、型別では墜落・転落が49・2%を占める。収穫作業での事故の型別では墜落・転落が71・4%。月別の発生状況では12月がほかの月の3倍以上の被災者が出ている。
 そんな和歌山の名産品ミカン。昔と比べて消費量の減少が言われ始めて久しい。果物消費量ランキングでは2004年、バナナに抜かれて1位の座を明け渡したままだそう。そういえば筆者も子どものころは食べたが、近ごろは1年に数個ほどしか手に取り口にしない。周りで聞いても「あれば食べるが買ってまで…」という声。皮をむくのが面倒というわけでもないのだが。
 冬といえば「こたつでミカン」という人も少なくないはず。旬で手間いらず、そして豊富なビタミンC。定番になる理由がある。家庭にこたつがなくなったためミカン離れが進んだという説。生活のなかでミカンを手に取るシチュエーションが減ったということだろう。ミカン農家の子どもとして、収穫時の安全対策とともに、再びミカンを食べる習慣が広まることに期待したい。   (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る