御坊の倉庫ミュージアムで企画展

 御坊市島の倉庫ミュージアムwawawaで28日まで、和歌山を拠点に活動する6人の画家と障害を持つ人らのコラボ企画展「六人展+wawawa」が開かれている。イラストレーターらプロの作家の作品と、何ものにもとらわれない生の芸術「アールブリュット」作品が開放感ある店内で融合。従来のグループ展、福祉展といった枠を超えたにぎやかな展示会となっている。
 倉庫ミュージアムは、木材加工場の広い倉庫に学校の校舎で使われていた梁を移築し、地域の力で再生させたカフェバー。オープンから1年を迎えたことし5月、ミュージアムに魅せられた美浜町のイラストレーター、えんどうひとみさんがオーナーの玉置徹さん(52)に企画を持ち込み、仲間の作家に呼びかけて実現した。
 参加しているのは、えんどうさんのほか有田川町のテキスタイルデザイナー実里さん、和歌山市のイラストレーターShinyaさん、みなべ町のイラストレーター松下きょうこさん、御坊市のイラストレーターモリオカサチさん、美浜町のイラストレーターusui megumiさん。アールブリュット作品は普段、wawawa店内で創作活動を行っている知的障害のある人や発達障害のある人らのボードイラスト、Tシャツなどが出品されている。
 えんどうさんや実里さんらは「作品を創り、表現したいという気持ちはみんな同じ。アールブリュットの作品からはすごくエネルギーを感じますし、私たちもいい刺激となります」と笑顔。玉置さんは「日本ではアールブリュットといえば、まだまだ障害者のアートというイメージがあり、作品展も福祉の一環として開かれることが多いと思います。しかし、こうして一緒に作品展をやると、どれが健常者の作品なのか、どれが障害者の作品なのか、見る人は区別がつきません。そういった意味で、この六人展+wawawaはおそらく県内でも初めての取り組みです。従来の枠を取り払い、互いの違い、よさ、結びつきあう素晴らしさを、お酒でも飲みながら楽しんでいただければ」と話している。
 正午から午後10時まで。問い合わせは倉庫ミュージアムwawawa℡0738〓7878。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る