御坊の倉庫ミュージアムで企画展

 御坊市島の倉庫ミュージアムwawawaで28日まで、和歌山を拠点に活動する6人の画家と障害を持つ人らのコラボ企画展「六人展+wawawa」が開かれている。イラストレーターらプロの作家の作品と、何ものにもとらわれない生の芸術「アールブリュット」作品が開放感ある店内で融合。従来のグループ展、福祉展といった枠を超えたにぎやかな展示会となっている。
 倉庫ミュージアムは、木材加工場の広い倉庫に学校の校舎で使われていた梁を移築し、地域の力で再生させたカフェバー。オープンから1年を迎えたことし5月、ミュージアムに魅せられた美浜町のイラストレーター、えんどうひとみさんがオーナーの玉置徹さん(52)に企画を持ち込み、仲間の作家に呼びかけて実現した。
 参加しているのは、えんどうさんのほか有田川町のテキスタイルデザイナー実里さん、和歌山市のイラストレーターShinyaさん、みなべ町のイラストレーター松下きょうこさん、御坊市のイラストレーターモリオカサチさん、美浜町のイラストレーターusui megumiさん。アールブリュット作品は普段、wawawa店内で創作活動を行っている知的障害のある人や発達障害のある人らのボードイラスト、Tシャツなどが出品されている。
 えんどうさんや実里さんらは「作品を創り、表現したいという気持ちはみんな同じ。アールブリュットの作品からはすごくエネルギーを感じますし、私たちもいい刺激となります」と笑顔。玉置さんは「日本ではアールブリュットといえば、まだまだ障害者のアートというイメージがあり、作品展も福祉の一環として開かれることが多いと思います。しかし、こうして一緒に作品展をやると、どれが健常者の作品なのか、どれが障害者の作品なのか、見る人は区別がつきません。そういった意味で、この六人展+wawawaはおそらく県内でも初めての取り組みです。従来の枠を取り払い、互いの違い、よさ、結びつきあう素晴らしさを、お酒でも飲みながら楽しんでいただければ」と話している。
 正午から午後10時まで。問い合わせは倉庫ミュージアムwawawa℡0738〓7878。

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る