世界は広いようで狭い

 初めて聞くような名前の国で生活する日本人を訪ねるテレビ番組や、インターネットのおかげで世界はますます近い存在になりつつある。映像や情報を見聞きしているだけで行った気になったり、また、行ってみたいという感情もわいてくるが、実際にはなかなか実現できない。そんな行動力のない筆者とはまるっきり対照的、世界約80カ国を訪ね歩いてきた経験を持つ御坊市の阪本美菜子さんに話を聴く機会があり、面白い内容についつい引き込まれた。
 阪本さんは2014年4月から丸3年間、アジア、ヨーロッパ、アフリカなどの約60カ国を一人旅してきた人物。宿泊の大半は現地の一般家庭でホームステイした。旅先で知り合った人に頼むのは分かるが、飛び込みで訪ねて泊めてもらったというのだから、行動力に驚かされる。とくにイスラム教の人々は旅で困っている人を助けてあげるという文化で、とても親切にしてくれたという。
 印象に残ったのは、人間の根本はみんな同じ、しかし育った環境や教育、宗教によって人は大きく変わるという言葉。ブッダのネックレスをしていた阪本さんは、イスラム教の小さい子どもに「神はアッラーだけ」といわれ、前述の思いを強くしたという。当たり前だが、国が違えば考え方も違う。
 もう一つ、恵まれた環境にあるはずの日本で、幸せだと感じていない人が多いことを悲しんでおられた。「大好きな国、インドの人のように今をもっと楽しむことを心がければ」と阪本さん流のアドバイスが妙に心にしみた。一つ一つの旅を振り返る目は輝いていた。ほんの少しでも今より心にゆとりを持ち、今を楽しもうという気にさせてもらった。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る