有意義な不審者対応訓練

 昨年7月、神奈川県の相模原障害者施設で起きた大量殺人事件は、まだ記憶に新しい。犯人は刃物で19人を刺殺、26人に重軽傷を負わせたが、その侵入を阻止、あるいは被害をもっと食い止める方法はなかったのか。二度と同じ惨劇を繰り返さないためには、施設職員がもしもの場合にどのように対応すべきなのか、日ごろから確認しておく必要があるのは言うまでもない。
 先日、由良あかつき園で初の不審者対応訓練が行われた。御坊署員が不審者役に扮して建物に侵入し、ナイフを振り回して暴れるのを、夜間の人数の少ない職員でいかに対応するのかを実践。当初の設定では、不審者役がガラスを割って中に侵入する予定だったが、職員はすごむ不審者役の勢いに押され、扉を開けて施設内に入れてしまった。また、不審者役を取り押さえるドタバタの中、不審者が持っているナイフの刃の部分を思わず手づかみ。偽物だったからよかったが、本物のナイフならどうなっていたか、言うまでもない。さらに御坊署へ通報もする予定だったが、できなかった。訓練に参加した職員の感想は「どう対応していいか頭が真っ白になってしまった」「利用者を守るため必死だった」など、不審者役の迫真の演技もあったためか、パニックになっている様子がうかがえた。
 これは、何も恥ずかしいことではない。あくまでもしもの場合の訓練であり、何をどうすればよかったのかなど、いろいろ課題が見えたと思う。大切なのは一過性の訓練にとどまらず、今回分かった課題をクリアしながら、継続していくこと。利用者はもちろん、職員自身もより一層安全に、安心して過ごせる施設になるよう願っている。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る