心の鍛錬の大切さ

 先日、小学校へ取材に行ったとき、「ここにお菓子の袋が落ちてる」との声が聞こえてきた。ちょうど、野球部の子どもたちが練習を始めるところだった。その声の方を追ってみると、ユニホームを着た低学年とみられる子どもが数人でごみ拾いをしている。「毎日、君たちだけでやっているの?」と尋ねると、「寒くなってきてからは、ほとんど毎日。それから、みんなでごみ拾いする日もある」と返事があった。自分たちが練習で使用するグラウンドをきれいにすることは、いい心がけ。ごみ拾いを通じて心を磨けば周囲への気配りなどを自然と身につけることができ、野球の技術向上にも役立つだろう。この日の夕方はかなり冷え込んだが、少し温かい気持ちになった。
 剣道で日本一に輝いた選手の講演の中で、こういう話も聞かせてもらった。「全日本選手権で優勝を狙っていたが、敗れてしまった。自分には何が足りなかったのだろうか。あれこれ考えたが、まずは毎日、誰よりも早く道場に来て稽古ではなく掃除をするようにした」。この選手はそれからすぐに念願の日本一を達成したという。たかが掃除と思うかもしれないが、その心がけしだいで稽古に打ち込む姿勢も変わる。持ち前の技にプラスして精神面が鍛えられたからこそ夢をつかめたのだと思う。
 大相撲の横綱・日馬富士が、前頭の力士に暴行を加え、大けがを負わせたニュースが連日、テレビや新聞をにぎわしている。横綱はまさしく「心技体」いずれもが問われる最高の地位。それだけにショッキングな出来事だ。いかなる理由があっても暴力での解決は許されないし、「心」の鍛錬が足りない力士は横綱とは呼べない。子どもたちには見せたくないニュースである。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る