年をとると1年が早い

 つい最近、買い物に出かけたら店の中でクリスマスソングが聞こえてきた。ちょっと早すぎるのではないかと思ったが、もう11月中旬。あと半月もすれば最終月の12月に突入し、あっという間に1年が過ぎてしまう。
 毎年、この時期になると「1年が過ぎるのは早い」とはよく聞かれる言葉だが、年をとるほど時間の経過は早く感じられる。理由はいくつかあるそうだが、19世紀のフランスの哲学者ポール・ジャネが発案した「ジャネーの法則」によると、時間の心理的な長さは年齢に反比例するらしい。簡単に言うと、10歳の子どもだと1年間は人生の10分の1の長さだが、50歳の大人だと1年間は人生の50分の1になる。だから体感できる時間の長さは、割合が小さくなるほど早く感じるという。
 もう1つの理由は、子どもの頃の脳は発達過程でたくさんのことを記憶しようとフル回転する。しかし、年齢を重ねると脳は経験を積んで記憶しない事柄も多くなるらしい。結果として「きょうは特別なことがなかった1日」になってしまい、体感の時間経過が早くなるという。例えば、ドライブに出かける時に同じルートを往復する場合、行きの方は初めて見る景色なので脳は記憶しようとするが、帰りは行きの時に見た景色なので記憶しようとする事柄が少なくなる。よって行きの方が帰りよりも長く感じるという。
 大人になっても感じる時間を長くするには、常に新たなことに挑戦し、新鮮な経験を脳に与えることが大事だということ。「ことしも1年早かった」と感じている読者も多いと思うが、残りの1カ月半を精いっぱい充実させて、「ことしは長い1年だった」と思えるようにしていきたいものだ。  (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. わざわざありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る