新聞の音読で記憶力は上がるか

 子どもの頃からすでに物忘れがひどかった。年を重ねるとそれがさらにひどく、物忘れにとどまらず勘違いなどで人に迷惑をかけている◆頭の力が向上するトレーニング法があるなら身につけたいと思っていたところ、日高町文化講演会の取材で脳の若返り術を聞く機会に恵まれた。講師は元文化放送パーソナリティーの橋本テツヤさん。記憶力アップの方法が次々に挙げられた◆前日、2日前、3日前とさかのぼって夕食のメニューを思い出す。「あ」から始まって五十音それぞれの文字から始まる単語を3つずつ思い浮かべる。人の名など思い出せない時に放っておかず「何がなんでも絶対思い出すぞ」と頑張る。一方がお題を決め、もう一方が質問でその答を導き出すゲームを家族とやってみる、などなど◆中でも特に、自身がアナウンサー時代からずっとやっているという「新聞の音読」が勧められた。一日10分間、声を出して新聞記事を読む。面白い記事より興味のない記事が効果的だという。より頭を働かせねば理解できないからだろうか◆まず「自分には実践は無理だな」と思った。声を出して何かやる習慣がない。誰も聞いていなくても、自分が声を出して新聞を読むところを想像するだけで恥ずかしい。と思いながらも、今までにないことをやる勢いがなければ自分の改善は覚束ないと、思いきってやってみた◆これが意外と面白い。最初は笑いそうになるが、読み進めると気にならない。共通語のアクセントを心がけるとアナウンサー気分も味わえる。10分では飽き足らず20分も読んでしまった。普段読まない経済面の記事など読み、頭の筋トレにもなった◆これで本当に記憶力がアップするのか。1カ月ぐらいやって検証しようと前向きな心境になっている。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差して乗ったりせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る