おもてなしの考え方

 トランプ米大統領が来日した際、「おもてなし」がちょっとした話題に。5日夜に会食した鉄板料理店では「アルバ産白トリュフと北海道産帆立貝のサラダ」「三重より伊勢海老のソテー ビスク仕立て」「うかい極上牛ステーキ フィレ・サーロインをお好みで」など、高価な料理が提供されたとスポーツ紙で大きく報じられていた。筆者が関心を持ったニュースはこれらではなく、昼の情報番組の女性タレントの発言と、ネットに出ていたニュース。
 
 女性タレントは安倍晋三首相が、松山英樹プロらとともにゴルフを楽しんだときの昼食にハンバーガーを振る舞ったことに触れ、「ハンバーガーから始まるのはちょっとないなって思います」とコメント。「アメリカから来て、朝ご飯ももしかしたらハンバーガー食べてきてるかも…」などと説明したという。これに対し、ネットのニュースではトランプ大統領はハンバーガーやコーラなどが好物と指摘のうえ、「本人の望みや好みを無視して別の料理を振る舞ったとしたら、単なる『エゴ』になってしまうだろう」と主張。「おもてなし」にうるさい日本人、些細なことでもいろんな考え方があるのだと思った。
 
 寿司職人は、客が箸を使うか、手で食べるかを見て、握り具合を調整する(箸の場合はつかみやすいように固め)という話を聞いたことがある。おもてなしとは、こちらの気持ちをぶつけるだけでなく、やはり相手のことを思いやり、その人にマッチしたサービスを提供することが重要であろう。あまり合わないといわれても、カツオのたたきはポン酢ではなく醤油で食べたい派。ポン酢を強要されると好物の楽しみが損なわれてしまう。やはり今回は女性タレントの分が悪い。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る