防災教育の重要性

 先日、印南町体育センターで世界津波の日に合わせた講演会が開かれた。会場はほぼ満席の状態。町民ら約500人が参加し、津波防災への関心の高さがうかがえた。講師は2011年の東日本大震災時に岩手県釜石市で津波から大半の子どもたちが生き延びた「釜石の奇跡」に防災教育で貢献した東京大学大学院情報学環の片田敏孝特任教授。「巨大津波想定に向かい合う防災を考える」をテーマに語った。片田教授の講演を取材するのは2014年以来3年ぶり2回目。約2時間にわたり、みっちり聞かせてもらった。
 片田教授は昨年11月22日、津波警報が出された福島県沖を震源とした地震について、避難しなかった人や車で逃げた人がおり、震災から5年半、教訓を生かすのは難しいと実感したそう。過去の津波で生き残った人々が後世のために「高き住居は児孫の和楽 想へ惨禍の大津浪 此処より下に家を建てるな」と残した石碑を紹介。教訓は語り継ぐだけでは限界があるとした。わかりやすかったのは戦争の例え。確かに戦争の悲惨さは語り継がれているが、体験した人と戦後生まれとの認識にはやはり大きな隔たりがある。
 防災教育に携わり始めたころ、釜石市では逃げない大人によって逃げない子どもが育まれていたという。100年前の人が石碑に残した思いは3、4世代と続かず、戦争の話は1世代でもピンとこない。「こんな恐ろしいことはない」と片田教授は話し、「10年たてば子どもは大人になり、さらに10年たてば親になる。そして高い防災意識が世代間で継承されれば、災害文化が地域に定着する」と防災教育の重要性を強調。逃げる子どもを育む地域づくりが大切になる。   (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る