マリーナシティでフェスタ・ルーチェ開幕

 光に彩られたヨーロッパの街を演出するイルミネーションイベント「フェスタ・ルーチェ」が3日、和歌山市毛見の和歌山マリーナシティで始まった。来年1月28日まで。南欧風の建物が建ち並ぶポルトヨーロッパが光に包まれ幻想的な雰囲気を醸し出し=写真=、遊園地スペースでは子どもたちの歓声が響いている。期間中はさまざまなイベントも予定され、クリスマス、新年と年をまたいで楽しめる。
 実行委員会(古澤良祐会長)主催。欧州でホテルや遊園地などのイルミネーションを手掛けるMK Illumination社(オーストリア)と㈱タカショーデジテック(海南市)、カラーキネティクス・ジャパン(東京都)の3社がプロデュースしている。イベントの名称はフェスティバルを意味するイタリア語「フェスタ」と光を指す「ルーチェ」から付けられた。
 マリーナシティでは1995年、前年の「世界リゾート博」を記念して「光の回廊 ルミナリエ」が開かれ、南イタリアの雰囲気を表現し、人気を集めた。実行委によると、このイベントが阪神・淡路大震災の犠牲者鎮魂の行事として定着している「神戸ルミナリエ」につながっているという。
 初日は開催を心待ちにしていた家族連れやカップルらが多数来場。当日券の販売窓口には長い行列ができた。
 建物を彩る光がともると会場から「きれい」「すごい」などの声が上がり、来場者はスマートフォンを片手に風景を撮影。ステージでは音楽グループ「human note」が開幕を祝うライブを披露し、多くの人が聴き入った。
 期間限定イベントとして、11月はキングコング・西野亮廣さんの絵本原画41㌻分を会場内に投映する「えんとつ町のプペル 光る絵本展」を開催。12月はマリーナシティ初の本格的なプロジェクションマッピング「Voyage to find the light~光を探す航海」が行われる。
 時間は午後5時~9時。来年1月8日までは毎日開催し、それ以降は金・土・日曜日の開催となる。チケットは前売り券が大人1300円、子ども(3歳以上中学生以下)700円、当日券は大人1500円、子ども(同)800円。コンビニエンスストアやチケットぴあなどで購入できる。
 問い合わせは実行委(℡073―484―3618)。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る