マリーナシティでフェスタ・ルーチェ開幕

 光に彩られたヨーロッパの街を演出するイルミネーションイベント「フェスタ・ルーチェ」が3日、和歌山市毛見の和歌山マリーナシティで始まった。来年1月28日まで。南欧風の建物が建ち並ぶポルトヨーロッパが光に包まれ幻想的な雰囲気を醸し出し=写真=、遊園地スペースでは子どもたちの歓声が響いている。期間中はさまざまなイベントも予定され、クリスマス、新年と年をまたいで楽しめる。
 実行委員会(古澤良祐会長)主催。欧州でホテルや遊園地などのイルミネーションを手掛けるMK Illumination社(オーストリア)と㈱タカショーデジテック(海南市)、カラーキネティクス・ジャパン(東京都)の3社がプロデュースしている。イベントの名称はフェスティバルを意味するイタリア語「フェスタ」と光を指す「ルーチェ」から付けられた。
 マリーナシティでは1995年、前年の「世界リゾート博」を記念して「光の回廊 ルミナリエ」が開かれ、南イタリアの雰囲気を表現し、人気を集めた。実行委によると、このイベントが阪神・淡路大震災の犠牲者鎮魂の行事として定着している「神戸ルミナリエ」につながっているという。
 初日は開催を心待ちにしていた家族連れやカップルらが多数来場。当日券の販売窓口には長い行列ができた。
 建物を彩る光がともると会場から「きれい」「すごい」などの声が上がり、来場者はスマートフォンを片手に風景を撮影。ステージでは音楽グループ「human note」が開幕を祝うライブを披露し、多くの人が聴き入った。
 期間限定イベントとして、11月はキングコング・西野亮廣さんの絵本原画41㌻分を会場内に投映する「えんとつ町のプペル 光る絵本展」を開催。12月はマリーナシティ初の本格的なプロジェクションマッピング「Voyage to find the light~光を探す航海」が行われる。
 時間は午後5時~9時。来年1月8日までは毎日開催し、それ以降は金・土・日曜日の開催となる。チケットは前売り券が大人1300円、子ども(3歳以上中学生以下)700円、当日券は大人1500円、子ども(同)800円。コンビニエンスストアやチケットぴあなどで購入できる。
 問い合わせは実行委(℡073―484―3618)。
 

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る