和歌山は歩かない県

 先日、第65回県学校保健研究大会(県教委、県学校保健連合会主催)の記念講演で、御坊市出身で順天堂大学附属順天堂医院心臓血管外科の山本平准教授の話を聴いた。山本准教授は研修医への教育制度が変わってきていることや、過去の災害時の病院の対応や現在の課題などを説明し、医師や教員のあり方を説明した。その中で印象的だったのが、和歌山県民は全国的に歩かないことを示したデータだ。
 調べてみると、厚生労働省がことし9月に発表した2016年「国民健康・栄養調査」の結果。20~64歳までの男性の一日の歩数の平均値について、和歌山は6743歩でワースト5。ワースト1は高知、2位秋田、3位岩手、4位鳥取だった。ベスト1が大阪で8762歩、2位が静岡、3位が奈良、4位が東京、5位が京都。和歌山は女性でもワースト9と下位。全体的に見ても上位に都市部、下位が地方という構図だ。
 確かに自身の生活を振り返ってみると歩くことはかなり少ない。どこに行くにも車移動が基本で、駐車場から取材先の施設内を少し歩く程度。よくよく考えてみると車から50㍍以上離れることもほとんどないような気がする。姉が東京で働いているため、東京を案内してもらったことがあるが、歩くスピードが速く、長距離を歩いてもあまり疲れていないようで驚かされた。近代化された都市部にいくほど、もっとも原始的な移動手段が多くなるのは皮肉なものだ。
 とはいえ、健康のために歩くことは大切。ウォーキングを習慣付けるのは難しいが、日常生活の中で少し機会を増やしたり、スマホのウォーキングアプリに挑戦するなどして、一日の歩数を増やし、「歩かない県」を挽回しよう。    (城)
 

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る