全国高校駅伝県予選 日高が男女とも4位

 第68回男子・第29回女子全国高校駅伝競走大会の県予選会が4日、日高川町田尻の日高川周回コースで開かれ、日高地方勢は全国切符(優勝校)には届かなかったものの、男子で日高が4位、南部が5位、女子で2年ぶり出場の日高が4位と健闘。そろって入賞を果たし、近畿大会出場を決めた。日高男子は3区から盛り返し、日高女子は安定したたすきリレーを見せて地元勢最先着でフィニッシュした。
 男子14チーム(オープン1含む)、女子9チームが出場。旧川中第一小学校前を発着、中継点に熱戦を展開した。
 男子は7区間42・195㌔でたすきリレー。日高は3区・宮井が区間3位の力走で3人抜きして4位に盛り返すと、6区の湯川が区間2位の走りで一時3位に浮上するなどの健闘を見せ、最後は4位でゴールした。稲田悠人主将は「3位以内が目標だったので悔しい結果」と話し、「1年生が5人のチーム。これから頑張ってほしい」と後輩に期待を寄せていた。
 女子は5区間21・0975㌔で争われ、日高は1区・原が区間3位。4区で1つ順位を落としたもののアンカー・岩﨑が踏ん張り、1、2年生ばかりのフレッシュなメンバーで4位を死守した。岩﨑愛佳主将は「3位入賞が目標だったのでかなり悔しい」とレースを振り返り、「前との差があまりなかったので近畿で逆転したい」と巻き返しを誓っていた。
 その他の地元勢は南部男子が3区・中川の区間2位の快走などで5位。紀央館・橋本合同男子は8位、南部女子も8位となった。優勝は男女とも和歌山北(男子10年連続22回目、女子初)。男子は全選手が区間賞で独走し、女子も4選手が区間賞を獲得して後続に大差をつけた。優勝校は12月24日に京都市で開かれる全国大会、上位6校は今月19日に大阪府能勢町である近畿大会に出場する。
 男女総合成績、日高地方勢の区間上位選手は次の通り(男子4区で選手への誘導ミスがあり、笠田はチームと4区の記録なし)。
 【総合】男子①和歌山北2時間12分15秒②和歌山工③智弁和歌山④日高(中嶋康太、稲田悠人、宮井康貴、中山真大、荒井天輝、湯川圭祐、小山智成)2時間19分13秒⑤南部(西野元喜、中原悠人、中川裕斗、西谷太一、松葉竜誠、田中絃貴、栗山和也)2時間22分39秒⑥海南⑦和歌山商⑧紀央館・橋本⑨向陽・桐蔭⑩田辺⑪那賀⑫箕島⑬近大和歌山▽女子①和歌山北1時間10分53秒②神島③桐蔭④日高(原幸日、上出真子、濱口楓菜、古部澪奈、岩﨑愛佳)1時間22分00秒⑤海南⑥向陽⑦星林⑧南部1時間31分57秒⑨箕島
 【区間成績】《男子》2区3・0㌔②稲田(日高)9分10秒▽3区8・1075㌔②中川(南部)25分48秒③宮井(日高)▽5区3・0㌔③荒井(日高)9分48秒▽6区5・0㌔②湯川(日高)16分26秒《女子》1区6・0㌔③原(日高)21分45秒
 
 

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る