防災意識は子どものうちから

 きょう11月5日は世界津波の日。自民党幹事長の二階俊博代議士が提案し、各国に働きかけて一昨年12月の国連総会で制定された国際デーである。11月5日のいわれは、1854年のこの日、安政の南海地震が発生し、広川町では濱口梧陵が稲わらに火をつけるなどして多くの住民を救った逸話に基づくことは多くの人の知るところだろう。日高地方でもこの日に合わせて、もしくは前にして避難訓練などが行われている。南海地震の発生が心配されている中、津波防災への意識を高める日にしてもらいたい。
 小学生に「11月5日て何の日か知ってる?」と聞いてみた。少し考えていたので、「世界津波の日やで」と教えてあげると、「そうや、そうや、濱口梧陵の日や」と話してくれた。少しずつであっても着実に浸透してきているといえるだろう。子どものうちから津波避難の意識を植え付けることは非常に大切なことだ。
 筆者が運転免許を取った25年ほど前は、シートベルトの着用率は60~70%だったと記憶しているが、いまは着用していない人はほとんどいない。子どものうちから交通安全教育に力を入れたことが、ベルト着用が当たり前の今を作った一つの要因だろう。喫煙率の低下も同様といえるのではないか。「子どものうちから」は30年後、50年後の未来を作る。
 「大きな地震が起こったらどこに逃げますか」。家にいたとき、通学途中でもその時にいる場所によって避難場所は違う。どこにいてもはっきりと答えられる小学生がどれだけいるだろうか。子どもたちが自分の命を自分で守る力をつけるのは親の責任の一つである。国際デーをきっかけに、食事しながらでも家族で話してみよう。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る